今週のおすすめ曲

ランキング・オブ・2017 洋楽ベスト

R.I.P. Avicii

Homenajes a AVICII / Tributes To Avicii – R.I.P Day for Avicii in Stockholm

 

MoStack – What I Wanna [2018]

定期的にやってくるブレンダ・ラッセル祭り! 今回神輿をかつぐのはUKラッパーのMoStack(モースタック)。原曲の「ひとかけらの愛」は有名なピアノフレーズを持つ曲で、とにかくサンプリングするだけで名曲に仕上がりヒットするという便利な元ネタ曲。過去のカバー曲、Big Pun(ビッグ・パン)、Thalia(タリア)、Ariana Grande(アリアナ・グランデ)も全て大ヒットしています。(名曲度ではThaliaを超えるバージョンは無いかも)BBC Radio 1 ヘビロテ曲。

What I Wanna 原曲

Brenda Russell – A Little Bit Of Love [1979]


Big Pun feat. Joe – Still Not A Player [1998]


Thalia feat. Fat Joe – I Want You [2003]


Ariana Grande feat. Mac Miller – The Way [2013]

 

Steel Banglez – Bad ft. Yungen, MoStack, Mr Eazi, Not3s [2017]

ロンドンのDJ/HipHopプロデューサーであるSteel Banglez(スティール・バングルズ)の最新ヒット、UKブラック・シーンの新世代シンガー&ラッパー(ヤンゲンモースタックミスター・イージーノーツ)も勢揃い!バングラ・ビートに美メロとラップを乗せたロングヒット候補です。2018年BBC Radio 1 ヘビロテ曲。

 

Friendly Fires – Love Like Waves [2018]※サマソニ2018出演

UKのダンス・パンク・バンド、Friendly Fires(フレンドリー・ファイアーズ)の新曲です。BBC Radio 1 ヘビロテ。

 

Just Kiddin – Indiana [2018]

UKのプロデューサー・デュオ、Just Kiddin(ジャスト・キディン)から2月に登場した新曲!2018年のサマー・アンセムとの呼び声も高い人気の美メロソングです。

 

Flight Facilities — Need You feat. NÏKA [2018]

オーストラリア・シドニー出身のエレクトロニック・デュオ、Flight Facilities(フライト・ファシリティーズ)の新曲。シリアスなラブソングと裏腹に悪意のあるシュワルツェネッガーのカットがジワジワ来ますw

 

Virtual Self – Ghost Voices [2017]

2017年11月にリリースされたばかりのVirtual Self(ヴァーチャル・セルフ)の新曲。トランスをもっとダークな曲調でミニマルにした比較的新しいジャンル、Neotrance(ネオトランス)にあたる曲です。いずれこのジャンルのアンセムとなりそうな曲なので、まずはお披露目!

 

Say Sue Me – Old Town [2018]

日本が韓国に敗北した瞬間。

BBC Radio 6 ローテーションプレイ中の釜山のインディー・ロックバンド、Say Sue Me(セイ・スー・ミー)の新曲です。2017年末から2018年にかけて、Yaeji(イージ)Peggy Gou(ペギー・グー)と立て続けに韓国出身アーティストの活躍がみられましたが、インディー・ロックの分野でも一足先んじて完全なる洋楽の世界へ突入していました。果たして日本のロックが脱・歌謡ロックを達成する日は来るのでしょうか?黄金の90年代からスケールダウンしてしまった日本の音楽界に警鐘を鳴らす意味でもプッシュすべき良曲です。

 

Peggy Gou – It Makes You Forget (Itgehane) [2018]

Deep House(ディープハウス)Nu Disco(ニューディスコ)の中間的な性格を持つPeggy Gou(ペギー・グー)の最新ヒット。フランス語や南米圏の言語のように聞こえますがよく聴けばなんと韓国語!いわゆるK-POPとは無関係な本物のダンス・アンダーグラウンドの舞台で、アジアの言語でも世界で勝負できることを証明してしまったという意味で衝撃的な曲です。日本よ、大衆ポップにうつつを抜かしてないで覚醒せよ!! BBC Radio 1 & 6 ヘビーローテーション曲。

 

Superorganism – Everybody Wants To Be Famous [2018] ※フジロック2018出演!

突然変異的に誕生したバンドがここまで個性的でキャッチーなメロディーを繰り出し続けているのに洋楽ファンとしてはスルー出来ません!日本生まれの我らがオロノちゃんがヴォーカルをつとめるSuperorganism(スーパーオーガニズム)から1月にリリースされたばかりのニューシングルです。フジロックフェスティバル2018出演決定!

 

 

PAGE TOP ↑