2 Step(ツーステップ)とは Part 1 – 音楽ジャンル

公開日:  最終更新日:2019/03/30

UKG - UK Garage(2 Step)

 

意味

2 Step Garage(ツーステップ・ガラージ)、省略して2 Step(ツー・ステップ)

90年代中盤のSpeed Garage(スピード・ガラージ)の誕生を端緒として、90年代後半には音楽ジャンルとしてのUK Garage(UKガラージ)が確立。1997年にそのサブジャンルとして2 Step が誕生、UKガラージを代表する楽曲スタイルとして成長しました。

現在では「2 Step」だけを抽出してプレイされる機会も減っており、まとめて「UK Garage(UKガラージ)」略して「UKG(ユーケージー)」としてコンパイルされることが多くなっています。

このツーステップは由来とするUS Garageからパーカッシブな方向へ進化したUK Garageの中でも、従来のFour-on-the-Floor(4つ打ち)に適合しない不規則なリズムパターンを特徴としており、楽曲数からもUK Garageの大部分を占めています。

典型的なツーステップのドラムパターンは、ビートを飛ばしたしたバスドラム(キックドラム)と3連符を使ったパーカッション要素によりシャッフルされたリズムから成り、ハウスやテクノなどと異なるビートを作り出しています。

(※ UKガラージ(UKG)のくくりでは、不規則なパーカッションであるものの、4つ打ちに近いリズムパターンの楽曲も含まれます。)

 

参考資料:

Red Bull – UKダブステップ黄金期を代表するアルバム 10選

UKガラージはどのようにしてダブステップになったのか?

2019.1.6 追記 Resident Advisorより(字幕機能付き)

 

代表曲

米国製 UK Garageクラシック、Let’s groove

マイアミのDJがNYのレーベル「Strictly Rhythm」からリリースした有名曲も、現在ではUK Garageのアンセムとされています。もちろん当時はUK Garageなどと認識されておらず、NYガラージ・ハウスとして扱われていました。・・・つまりUKGとは制作国だけでなく、楽曲スタイル/選曲群の意味も含まれているのです。この曲には後に連なる楽曲群のパーカッシヴなエッセンスが詰まっています。

曲のタイトルはオリジナルのメロディラインであるEarth, Wind & Fireの「Let’s Groove」から来ています。

George Morel – Let’s groove [1993]米 NY Garage/UK Garage

史上初の英国製 UKガラージ、Feel My Love

まだUK Garageというジャンルが確立されていない時代の1991年に Matt “Jam” Lamontが制作し1993年にレコード化。英国初のガラージ・ハウスとみなされている曲です。

The Jam Experience – Feel My Love [1993]英 UK Garage/Speed Garage

UK Garageクラシック、Together(トゥゲザー)

単なるイギリス製のGarage Houseでしかなかった頃のGrant Nelson(グラント・ネルソン)による曲。前述のNYガラージと同様のリズムパターンで、まだFour-on-the-Floor(4つ打ち)を使用しており、2 Stepでもありません。

Speed Garage(スピード・ガラージ)のパイオニア DJ EZ(イーゼット)はこの曲をピッチを速めてプレイしていました。現在ではUKGクラシックとして扱われています。

24 Hour Experience – Together [1994]英 UK Garage/Speed Garage

Godfather of UK Garage、トッド・エドワーズ

UK Garageのパイオニア、Todd Edwards(トッド・エドワーズ)の初期代表曲です。彼のヴォーカルをコラージュする独特のサンプリング手法は、現代のエレクトロに継承されています。後に日本のm-floのリミックスなども手掛けています。

Todd Edwards – Saved My Life [1995]英 UK Garage/Speed Garage

UK Garage黎明期のアンセム、Gabriel(ガブリエル)

US Garage(Garage House)に対抗してUK Garageというジャンルが誕生したばかりの頃の曲。

2 Stepの原型である「バスドラとスネアの交互打ちという非常にシンプルなリズムパターンを使用しています。

米国シカゴで製作され、UK Garageとして扱われている曲です。(Roy Davis Jr.(アシッドハウスを生んだDJ PierreのユニットPhutureのメンバー)、Peven Everett(シンガー)共にシカゴハウス)。

元々ハウスレコードとして制作され後にUKGの基盤となった曲として、英国BBC Radioが選ぶ「ダンスミュージックを形作った過去30年史上の重要曲」にも選出されています。

Roy Davis Jr ft Peven Everett – Gabriel [1996]米/英 UK Garage

Tina Moore – Never Gonna Let You Go (Kelly G Remix)

元々は1995年の米国R&Bヒットですが、1997年のKelly GリミックスがUKガラージとしてヒット。2 Step完成形の一歩手前と言ったところでしょうか。

Tina Moore – Never Gonna Let You Go (Kelly G. Bump-N-Go Mix) [1997] UK Garage/2 Step

1996年Aaliyah「One In A Million」を使用したディープなUKガラージ。

Groove Chronicles – Stone Cold [1997] UK Garage/2 Step

Chick(ナイル・ロジャース)の有名曲「Good Times」ネタの曲です。

Da Click – Good Rhymes [1998] UK Garage/2 Step

MJ ColeことMatt Colemanのプロデュース曲。

Ramsey & Fen – Love Bug (Produced by MJ Cole)[1998] UK Garage/2 Step

2週にわたってUKチャート1位を獲得したポップス寄りのUKガラージ。

Shanks & Bigfoot – Sweet Like Chocolate [1998]

Artful Dodger And Romina Johnson ‎– Movin Too Fast [1998]

2 Stepのクラシック・アンセム、Hyperfunk(ハイパーファンク)

Jungle(ジャングル)などをオンエアしていたロンドンの海賊ラジオ局から2 Stepがブレイクし始めた1998年、ほぼ無名のアーティスト Antonio(アントニオ)によるアンダーグラウンド・ヒット。お馴染みの2 Stepリズムが完成しています。クラシックであるが故に、2 Stepのリズムの本質がよく分かります。

Antonio – Hyperfunk (UK Garage) [1998] UK Garage/2 Step

こちらも2 Step黎明期(れいめいき)の海賊ラジオ局でのインディーヒット曲。

Future Underground Nation – The Way [1999] UK Garage/2 Step
F.U.N – It’s The Way [Unknown] UK Garage/2 Step

アンダーグラウンド・カルトヒット、Scrappy(スクラッピー)

2 Step Garageの立役者であり、グランド・ビートを生み出した屋敷豪太と同様にSoul II Soulの裏方クリエイターだったWookie(ウーキー)ことJason Chueの重要曲2曲です。UKベースミュージックへの道を開き、Disclosure、Rudimental、Skreamなどのヒットメーカー達に大きな影響を与えた人物です。

Wookie – Scrappy [1999] UK Garage/2 Step

Wookie – Battle feat. Lain [2000] UK Garage/2 Step

定番曲、ゼド・バイアスのNeighbourhood(ネイバーフッド)

UK Garage/2 Stepとは何かと問われたら、この曲を挙げておけばまず間違いありません。

Zed Bias featuring Nicky Prince & MC Rumpus – Neighbourhood [1999] UK Garage/2 Step

90年代R&BテイストのUKGヒット、Flowers

エリック・サティ「ジムノペディ」のメロディが組み込まれた、典型的な90年代Female R&BとUK Garageの中間的なヒット曲、UKチャート最高2位!

Sweet Female Attitude – Flowers [1999-2000] UK Garage/2 Step/R&B

最も洗練されたオシャレUKGソング、Sincere(シンシア)

MJ Cole – Sincere – Original (UK Garage) [2000] UK Garage/2 Step

デビューシングルにしてUKチャート3位!

Architechs ft. Nay Nay Body Groove [2000] UK Garage/2 Step

2 Stepから誕生したスター歌手、Sia(シーア)とCraig David(クレイグ・デイヴィッド)

14年後に大スターとなるSia(シーア)ことSia Kate Isobelle Furler を最初のヒットに導いたのは、Exemenの名義でリミックスを手掛けた前述のWookie(ウーキー)でした。この「Little Man」では彼女自身が作曲に関わっています。以下の2曲はUKG特集でも必ず登場する有名曲です。

Sia – Little Man [2000](当時はS.i.Aと表記)UK Garage/2 Step

Craig David ft Artful Dodger – Rewind [2000] UK Garage/2 Step

 

Part 2 につづく

 

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • カテゴリー

  •  

    5/26 Sun TORA,KOMORI,TJO,BABY-T
    euphoria at 渋谷Atom 4F

    5/26 Sun TORA,KOMORI,TJO,BABY-T at 渋谷Atom

    バンドTシャツ・ロックTシャツ店 BEATBOMB バンドTシャツ・ロックTシャツ専門店 ビートボム

    イベント情報







    チャート情報












    データベース






    情報サイト




























    レーベル・レコード会社






PAGE TOP ↑