Baltimore club / Bmore(ボルチモア・クラブ/ビーモア)とは – 音楽ジャンル

公開日:  最終更新日:2018/05/21

海外・国内スター バンドTシャツ特集

意味

省略名:ビーモア・クラブ(Bmore Club)、ビーモア(Bmore、B-more、B More)

ボルチモア・クラブとは、1980年代に米国のメリーランド州ボルチモアで誕生したダンスミュージック(ブレイクビーツの1ジャンル)を指します。

70年代末のガラージュにルーツを持ち、ヒップホップと(小刻みでスタッカートを使用した)ハウスミュージックを融合した音楽で、2 Live Crew(ツー・ライヴ・クルー)の Luther Campbellや、Frank Ski、Miss Tony、Scottie B. and DJ Spenらがパイオニアであるとされています。

2000年代以降に流行したJersey Club(ジャージー・クラブ)のルーツとなった音楽としても知られています。

 

ビーモアのベースとなったクラシック・ファンク

ヒップホップの創始者 Kool Herc(クール・ハーク)の時代から定番ブレイクビーツとして使われてきた、James Brown(ジェームス・ブラウン)とThe J.B.’s による有名曲。
Lyn Collins – Think (About It) [1972](1:22~の箇所)

Gaz ‎– Sing Sing [1978]

 

ビーモアの代表曲

Nairobi – Funky Soul Makossa (Rap) [1982]

Karen Young – Hot for you [1983]

Dem Niggas – Git The Hole [1987]

リン・コリンズ「Think」ネタの代表曲、It Takes Two

Rob Base & DJ EZ Rock – It Takes Two [1988]

Level Four! – To Be Real (Jamm City Records) [1989]

The 2 Live Crew – C’mon Babe [1989]

Stereo MC’s – On 33 [1990]

Is That It? – State Of Mind [1991]

Mark One – Hoovers + Spray Cans [1991]

2 Bad Mice – No Respect [1991]

Scotty B & DJ Equalizer – I Got The Rhythm [1991]

The Prodigy – Charly [1991]

 

「Doo Doo Brown」ビート

Luke (2 live crew) – I Wanna Rock (Doo Doo Brown)

2 Hyped Brothers & A Dog ‎– Doo Doo Brown [1991]

 

ジャージー・クラブのリズムの原型、ディックコントロール

ビーモアのヒット曲「Dikkontrol」のキックパターンが、現在に至るまでジャージー・クラブのリズムトラックの基本となっています。(それにしてもタイトルが下品すぎます!!)

現在はレア盤:TAPP- Dikkontrol [1993](1:30~2:30の箇所)

こちらもジャージー・クラブがビーモアのフォロワーだった頃のTAPPの人気曲

TAPP – Shake Dat Ass Girl [1993]

 

Griff & Booman – Pick Em Up [1997]

Jimmy Jones – Watch Out For The Big Girl [1996]

Theo – Shorty U Phat [1997]

Rod Lee- Dance My Pain Away [2005]

 

 

表記誤り:Boltimore Club、バルティモア・クラブ、他

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑