Future R&B(フューチャーR&B)とは – 音楽ジャンル

公開日:  最終更新日:2020/10/21

R&B~Neo-Soul(ネオソウル)の系譜にあり、Dub Step(ダブステップ)やFuture Bass(フューチャーベース)等に影響されたエレクトロニック・ビートを使用した「フューチャーR&B」の楽曲選です。(Electro R&B、Electronic R&B と表記されることもあります。)

ただしアーティスト本人は明確なカテゴリ分類を意識せず単なるフューチャリスティックなインディーR&B/オルナタティブR&B/ネオソウルだと考えている場合もあります。

また曲によってはGlitch(グリッチ)やAmbient(アンビエント)~Chill(チル)系の要素(Cillwave、Chillstep等)も持っており、大きな可能性を秘めているジャンルですので随時追加予定!

Future R&B/Future Soul/Futre Funk/Indie R&B

類似のジャンルとしてFuture Soul(フューチャー・ソウル)Futre Funk(フューチャー・ファンク)※等があります。

それぞれネオソウル寄りか、ポップス寄りか、ファンク寄りかによって使い分けられていますが、本質的にはそれほど大きな違いはありません。

電子音楽に重きを置いているか、モダンなR&Bを制作するために電子サウンドを利用しているだけなのか、という意識の違いも呼称に影響しているようです。

また多くのミュージシャンにとって(チープ感のある)フューチャリスティックなDTMサウンドの活用は下積みインディーズ時代の一時的な通過点に過ぎないため、Indie R&B(インディーR&B)の中に含められることもあります。

 

Serum Tutorial – Future RnB Chords Like KAYTRANADA

Future R&B by Sample Magic | Computer Music Academy

Studio Bounce Episode 12: JOE HERTZ (Logic Pro Tutorial)

 

Future Soul(フューチャーソウル)について

ネオソウル/ブラック色はより薄く、もう少しポップス寄りのジャンルです。「Future Throwback Soul」という主張でジャンル名称誕生のキッカケを作ったDaleyを含めて制約が少ない分、サウンドに明確な特徴がある訳でもなさそうです。

Daley – Alone Together ft. Marsha Ambrosius [2012]英 Future Soul

Josh Jacobson – Not Alone (ft. Skela) [2015]米 Future Soul

※注意)Future Funk(フューチャーファンク)という用語について

ただし「Future Funk」という言葉は、日本文化に大きく影響された海外アーティスト達によって制作された、AMV(アニメ・ミュージック・ビデオ)の影響下にあるVaporwave(ヴェイパーウェイヴ)の一種で、アーバンソウル/シンセファンク/フュージョン/シティポップ/歌謡曲/アニソンを再加工しローファイなアーバンディスコにまとめあげた「80sレトロポップのブートレグミックス」に対して特定の音楽コミュニティの中で長らく使われてきた名称でもあります。

一方でApple Music、BBCを含む欧米のメディアでは「フューチャーファンク」を単純にフューチャリスティックなファンクとして定義しており、前述の日本色の強いレトロポップはDiscogsでの分類と同じくヴェイパーウェイブとしてひとくくりにした上で、それ以下の細分化には関心を示していないようです。

(Lo-Fi シンセディスコ/シティポップとでも言うべきサウンドに対して先に予約された名称ですが、Future Bass、Future House、Future R&Bといった命名規則に基づいておらずファンク色=ブラック色も薄いため、日本文化コミュニティ以外では理解を得にくいというのが現状でしょう。)

このように現在、生い立ちや概念の全く異なるレトロ志向未来志向という)真逆の2つのカテゴリで使われ競合が生じている用語であるため注意が必要です。(この混乱を避けるため当コラムではFuture R&Bで統一して解説)

また、この名称の曖昧さが引き起こす混同によって、無関係な2つのカテゴリが相互に干渉し合う可能性も感じられるため、注視されるところです。

1.ヴェイパーウェイヴとしてのFuture Funk

Flamingosis x YUNG BAE – Groovin’ [2014]米 ※原曲S.O.S.Band「Groovin’」

TANUKI – BABYBABYの夢[2015]英  ※原曲:竹内まりや「夢の続き」1987

マクロスMACROSS 82-99 -『82 99 F.M』 [2017]メキシコ ※原曲:秋元薫「Dress Down」1986

BBC Radio 1 にてローテーションプレイされた英国製ヴェイパーウェイヴ曲
Sun Runners 女神の恋人達 – What Goes Around Comes Around [2019]英

2.Future R&Bの延長/類語としてのFuture Funk

文字通りフューチャーサウンド志向のFunkを表す場合のFuture Funk

Party Pupils Mixes · Now That's What I Call Future Funk!

 


 

Future R&B以前の関連曲

Burial – Archangel [2007]英

ダブステップという言葉がYouTube上のうねったEDMリミックス曲を指すようになってしまう以前の話、James Blake、The xx、Mount Kimbieらポスト・ダブステップのミュージシャン達の先駆者となり、ブリトニー・スピアーズやテイラー・スウィフトのようなポップスターでさえブリアル風のサウンドを取り入れました。

James Blake – CMYK [2010]英

Future Bass(フューチャーベース)/Dubstep(ダブステップ)とR&Bの融合に始まったフューチャリスティックな電子R&Bの原点。


 

Future R&B 2020年の代表曲

Disclosure, Kehlani, Syd – Birthday [2020.8]英/米

Sinead Harnett – Stickin’ feat. Masego & VanJess [2020.7]英

Joe Hertz & Ryahn – Trippin’ [2020.6]英

(((O))) – Less Than Three [2020.4]フィリピン

フランスのエレクトロミュージシャン FKJ(French Kiwi Juice)の奥さん、The Sundrop Garden ((( O ))) ことJune Marieezy(ジューン・マリージー)より。

Young Franco – Juice ft. Pell [2020.2-3]豪

Jhené Aiko – Happiness Over Everything (H.O.E.) ft. Future, Miguel [2020.2]米

SLUMBERJACK & Cory Enemy – Black & Blue (feat. Mothica) [2020.2]豪

Francesca – Wanting Me [2020.1]英

Priya Ragu – Good Love 2.0 [2020.1-10]スイス


 

Future R&B 2019年の代表曲

Joe Hertz – Møøn (feat. Nonô) [2019]英

現時点で「フューチャーR&Bの代表曲」と言い切っても差し支えない曲です。 BBCの重鎮DJ Pete Tong(ピート・トン)を父に持つロンドンの音楽プロデューサー、Joe Hertz(ジョー・ハーツ)より、2019年BBC Radio 1 ロングプレイ曲。

Joe Hertz – Rain In Cuba (feat. Sam Wills, Barney Artist & Blue Lab Beats) [2019]英

Joe Hertz – Cross My Mind (Feat. Sophie Faith) [2019]英

Khalid, Disclosure – Talk [2019]米/英

Luke Fono – Our Odyssey [2019]英

Billy Davis – Shoulda Known ft. VanJess, Matt McGhee [2019]豪

Louis Futon feat. DUCKWRTH & BAEGOD – Supposed To Be [2019]米

Jhené Aiko – Triggered [2019]米

Party Pupils (MAX & RyanEXOE) & Louis Futon – One Two Things (feat. Tobi Earnshaw) [2019]米

MAX – Acid Dreams [2019]米

MAX – Love Me Less (feat. Quinn XCII) [2019]米

Planet Vegeta – Jorja [2019]豪

Brother Zulu – Ice Cold (feat. Zoe Kypri) [2019]英

Speakman Sound – Via Lactea (feat. Naala) [2019]英

MAX RAD – String On Me [2019]英

Laureano – Fantasy [2019.11]スウェーデン

Casanova – 2AM ft. Tory Lanez, Davido [2019]米


 

Future R&B 2015年~2018年の代表曲

Redinho – Mmm Mmm (feat. Vula) [2018]英

FKJ – Skyline [2017]仏

Kero One & Azure – Let Me Show You [2017]米

starRo – カクレンボ feat. Chara [2016]日本
starRo & AmPm – Maybe feat. Friday Night Plans [2017]日本
starRo – High Tide feat. Tzar [2018]日本

2017年のグラミー賞にノミネートされた横浜出身、LAを拠点とする日本人音楽プロデューサー/マルチ・インストゥルメンタリスト/DJ、starRo(スターロー)こと溝口真矢からの3選!

日本人覆面ユニットAmPm(アムパム)とのコラボ曲

Sinead Harnett ft. GRADES – If You Let Me [2016]英

The Internet – Girl ft. KAYTRANADA [2015]米

Phony PPL – Why iii Love The Moon [2015]米

2016年にはRolling Stone誌からも「あなたが聴いていない15の素晴らしいアルバム」特集で「ブルックリンのFuture-R&Bクインテット」として紹介されたNYのneo soul(ネオソウル)バンド、Phony PPL(フォニー・ピープル)より。

NAO – Bad Blood [2015]英

Jarreau Vandal – B.Y.O.B. feat. my mother [2015]蘭

 


 

Future R&B 2010年~2014年の代表曲

Amerie – 1 Thing (Cherokee Remix) [2014]

BOK BOK featuring KELELA – Melba’s Call [2014]

Arnold-100 dreams (i luv your girl rmx) [2014]

PYRMDPLAZA – Games [2014]英

SZA – Child’s Play (ft. Chance The Rapper) [2014]

Sango – Middle Of Things, Beautiful Wife (ft. SPZRKT) [2013]

Bondax – Giving It All [2013]

Banks – Warm Water (Snakehips Remix) [2013]

Usher – U Don’t Have To Call (Durkin Remix) [2013]

Teedra Moses – Be Your Girl (KAYTRANADA Edition) [2013]

Drake X Jhene Aiko – From Time (Full Crate Remix) [2013]

Sango – Here With Me [2013]

IAMNOBODI – Elevated [2013]独

Bondax – All Inside [2012]

The Weeknd – What You Need [2011]

Chromeo – Call Me Up (Bondax Remix) [2010]

 

Future Bass(フューチャーベース)寄りの楽曲

フューチャーベース方面にR&Bのテイストを持たせると次第に分類が困難になってゆくという楽曲例です。

Netsky feat. 1991 – Anything 4 U [2018]ベルギー

ベルギーのDrum ‘n’ Bass(ドラムンベース)プロデューサー、Netsky(ネットスカイ)による曲。

Flume Feat. Vera Blue – Rushing Back [2019]豪

Future Bass(フューチャーベース)のパイオニアであるFlume(フルーム)ゆえにFuture R&B ライクな曲も作れてしまうのは当然!

 

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • カテゴリー

  •  

  •  

    広告掲載のご依頼はこちら

     

    イベント情報








    チャート情報











    データベース







    情報サイト


























    レーベル・レコード会社






PAGE TOP ↑