Jersey Club(ジャージー・クラブ)とは – 音楽ジャンル

公開日:  最終更新日:2019/02/19

海外・国内スター バンドTシャツ特集

Jersey club(ジャージー・クラブ)

意味

RA: Jersey club: ニューアークから世界へ

ジャージークラブとは、Baltimore club(ボルチモア・クラブ)=略してBmore(ビーモア)をルーツとし、ニュージャージー州ニューアーク市で生まれたブレイクビーツのジャンルの1つを指します。

スタッカートでヘビーなベースを使うヒップホップのスタイルの一つで、80年代にボルチモア・クラブで大きな影響を与えたDJ Tameil(後にBrick Banditsに参加)、Brick Bandits(Mike V、DJ Tim Dolla、DJ Black Mic)とThe OG’s(Doughboy、Crime、Smooth Killah、Jazzy B)がパイオニアであると言われています。

ジャンル初期においては、自分たちのトラックとボルチモア・クラブを組み合わせたもので、ハウスともミックスされていました。

この新しいジャンルは、当初 Tameil によってBrick City club(ブリック・シティ・クラブ)と命名されていましたが、ニューアーク以外の街でも盛んになるにつれ、Jersey Club(ジャージー・クラブ)と呼ばれるようになりました。(※Brick City…ニューアーク市の愛称)

またサウンド的には、徐々にビーモアからかけ離れたものになってゆき、テンポはBPM135ぐらいまで上昇、Nadus、Sliink、JayhoodといったDJも活躍し始めました。

2008年頃からは、ラジオ等のメディアでもオンエアされるようになり、NYのアンダーグラウンド・パーティーでプレイされるなどニュージャージー州以外の地域のエレクトロニック・ダンスミュージック・シーンに注目されるようになりました。

2010年代中盤には、ノルウェーのCashmere CatやLido(リド)が取り入れ、ロサンゼルスでは“LAクラブ”というスタイルが登場。Diplo(ディプロ)の主宰レーベルMad Decent(マッド・ディセント)やSkrillex(スクリレックス)らのサポートによって、EDMやTrap(トラップ)愛好者の間でも好まれるようになり、BrenmarやNight Slugsクルーなどのベース・ミュージック系のアーティストたちが自身のスタイルとの融合を始めるまでに至りました。

 

ジャージー・クラブのリズムの原型、ディックコントロール

ビーモアのヒット曲「Dikkontrol」のキックパターンが、現在に至るまでジャージー・クラブのリズムトラックの基本となっています。(それにしてもタイトルが下品すぎます! コントロールは大事だけどネ)

現在はレア盤:TAPP – Dikkontrol [1993](1:30~2:30の箇所)

ビーモアのベースとなったクラシック・ファンク

ヒップホップの創始者 Kool Herc(クール・ハーク)の時代から定番ブレイクビーツとして使われてきた、James Brown(ジェームス・ブラウン)とThe J.B.’s による有名曲。ジャージー・クラブにおいても、単調になりがちなリズムパターンを一度変調させるため、このブレイクビーツがよくツナギで使用されます。

Lyn Collins – Think (About It) [1972](1:22~の箇所)

 

日本におけるアンセム曲、LMFAO feat. Lil Jon – Shots

おそらく日本のクラブで最も馴染みの深い曲、飲めや踊れやで2011年を盛り上げたLMFAOのパーティ・アンセムもジャージー・クラブに該当する曲です。

LMFAO ft. Lil Jon – Shots [2011]

 

2018年アンセム、Whistle

4B(フォー・ビー)が2018年にリリース、EDM方面でのウケが良くダブステやトラップにミックスして活用したり、マッシュアップ曲が制作されている曲です。

「どんだけみんなホイッスル好きなんだよ!」といいたくなるくらい、YouTube上にも無数の「Whistle」動画が存在し、おそらく2018年で最も多くYouTubeにアップロードされた曲だと言えます。

YouTube – 「4B Whistle」検索結果(別窓で開きます)

4B x Teez – Whistle [2018]

 

必聴!多彩な選曲を織り交ぜた DJ 4B のJersey Clubミックス

テッ!テッ!テッテケテ! のリズムで全ての音楽を消化してしまう、和太鼓のノリに近い「お祭り野郎」向けの音楽ジャンル、ジャージー・クラブの現在が分かる、Diplo(ディプロ)の秘蔵っ子 4B(フォー・ビー)によるメガミックスです。

世界的ヒットのオンパレードといえる選曲からは、米国ニュージャージー州の枠を飛び越えた、国際的なベースミュージック・シーンでの存在感を感じ取ることができます。

R&Bやハウスが好きな人が聴いても十分に楽しめる内容で、よくもこれだけの音楽をミックスしたと驚愕させられます。4Bが現在このジャンルのトップDJである証左といえるでしょう。

4B – JERSEY CLUB POWER SET PART 5 [BBC Radio 1 Diplo & Friends]

4B – JERSEY CLUB POWER SET PART 4

4B – JERSEY CLUB POWER SET PART 3

4B – JERSEY CLUB POWER SET PART 2

4B – JERSEY” CLUB POWER SET!

 

 

ジャージー・クラブの代表曲

DJ Jayhood – Heartbroken (Sick club) [2009]

DJ Frosty – Ride That Wave [2010]

Dj Jayhood – Get Dat Patty Cake Goin [2010]

DJ JayHood (ft DJ Mike Gip) – Show Me Love (Jersey Club Remix) [2012]

Dj Sliink – Vibrate [2012]

Lil C4 & DJ Bake Ft Tokyo – Bouncing [2012]

Lido – Money R3ll Remix [2014]

DJ Smallz 732 – We Are Young [2015]

DJ Sliink – Run Ricky Run x Higher [2016]

 

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • カテゴリー

  •  

    バンドTシャツ・ロックTシャツ店 BEATBOMB バンドTシャツ・ロックTシャツ専門店 ビートボム

    イベント情報







    チャート情報












    データベース






    情報サイト



























    レーベル・レコード会社






PAGE TOP ↑