Slap House(スラップ・ハウス)/Bass Boosted House(ベース・ブーステッド・ハウス)とは – 音楽ジャンル

公開日:  最終更新日:2021/10/05

Slap House(スラップハウス)とは2018年頃から世界的に広がった音楽ジャンルで、Future House(フューチャーハウス)やBass House(ベースハウス)と同様にEDMの系譜にあり、Deep House(ディープハウス)との中間的な性格を持ったダンスポップを指します。

エレキ・ベースギターのスラップ奏法(チョッパー)(slapping=chopper)のようにベース音にコンプレッサーとリヴァーブをかけ増幅(Bass Boosted)させたバウンシーな(弾みのある)サウンドを使用しています。

主にHip Hop/R&B/Trance/House/Rock/Pops等のヒット曲を原曲としたリメイク作品が中心で、インディリリースの場合は多くがブートレグ(音源の使用許諾をとらない)の形式をとっています。

現在はSpinnin’ Records(スピニン・レコード)等が流行の牽引役となり、Tik TokやSpotify等のストリーミングサービスを中心に世界的ヒットが多数生まれています。

また類似のジャンルとして2016年頃にブラジルの音楽プロデューサー/DJ Alok(アロック)が生み出したBrazilian Bass(ブラジリアン・ベース)があり、両者ともBass Boosted(ベース・ブーステッド)ハウスに該当します。

(ブラジリアン・ベースの呼称は国籍を限定される印象があるため、近年では避けられる傾向にあります。)

ちなみにブラジリアンベースとスラップハウスの決定的な違いですが、ブラジリアンベースのベースラインがダンス向けの単調なループトラックであるのに対し、スラップハウスではベースラインそのものがメロディを構成する重要な役割を担っているところにあります。

これらの楽曲は海外ではカードライブ用の音楽としても非常に人気があり、多くのミックステープでスポーツカーのフォトやCGイラストが採用されています。

 

Serum Tutorial: How to make a Slap House Bass 2020

HOW TO SLAP HOUSE/BRAZILIAN BASS (ALOK, IMANBEK…)

【ベース】超絶スラップ集!!世界のベーシストたち

 

ブラジリアン・ベースの代表曲

Brazilian Bassの原点、Alokの「Who Gives」

Alok & Shapeless – Who Gives [2016]ブラジル Brazilian Bass


Alok & Bhaskar – FUEGO [2016]ブラジル Brazilian Bass

スラップ・ハウスの代表曲

Dynoro & Gigi D’Agostino – In My Mind [2018]リトアニア/伊

スウェディッシュ・ハウス・マフィアのAxwellもかつてリミックスを手掛けた2012年のProgressive House(プログレッシブ・ハウス)ヒット曲が、リトアニアの音楽プロデューサー/DJ、ダイノロとイタリアのジジ・ディアゴスティーノによる再アレンジによって生まれ変わり、2018年リバイバル・ヒット!

Ivan Gough & Feenixpawl ft. Georgi Kay – In My Mind (Axwell Mix) [2012]

原曲)Ivan Gough & Feenixpawl ft. Georgi Kay – In My Mind [2012]

R3HAB x A Touch Of Class – All Around The World (La La La) [2019]蘭

2000年ATC(A Touch Of Class)によるユーロダンスのリメイク曲!

ATC(A Touch of Class) – Around the World (La La La La La) [2000]独

Dynoro & Ina Wroldsen – Obsessed [2019.3]リトアニア/ノルウェー

2018年に「In My Mind」を大ヒットさせたリトアニアの出身の音楽プロデューサー/DJ、Dynoro(ダイノロ)がノルウェーのシンガーIna Wroldsenとコラボ。

第63回グラミー受賞 Best Remixed Recording

SAINt JHN – Roses (Imanbek Remix) [2019.5-2020]米/カザフスタン

カザフスタン在住の19歳のDJ、Imanbek(イマンベク)ことImanbek Zeikenovが米NYブルックリンのラッパーSAINt JHN(セイント・ジョン)による2016年のラップソングをリメイク、Tik Tokから大ヒット! 2021年グラミー賞ベストリミックスレコーディング受賞!

原曲)SAINt JHN – Roses [2016]米

Meduza, Alok – Piece Of Your Heart (Alok Remix) ft. Goodboys [2019/2020]伊/英/伯

イタリア・ミラノの音楽プロデューサー/ハウスDJ、Meduza(メドゥーサ)のダンスポップ・ヒットをブラジリアン・ベースの旗手 Alok(アロック)がスラップハウスとしてリミックス!

Love Harder feat. Amber Van Day – Oblivion [2019.9]英

ロンドンの音楽プロデューサー/DJ、Love Harder(ラブ・ハーダー)ことWill Simmsより。

R3HAB – All Comes Back To You [2019.10]蘭

Yves V & Ilkay Sencan – Not So Bad (feat. Emie) [2020.1]

Mia Amare & Sarah Bird – Take On Me [2020.3]独

ベルリン在住のMia Amareより、1985年a-ha(アーハ)の大ヒット「Take On Me」のリメイク曲。

原曲)a-ha – Take On Me [1985]ノルウェー

Rasster, Erin Bloomer – SAD (Imanbek XXX Remix) [2020.5]米/露/カザフスタン

2018年に亡くなったエモ・ラッパー XXXテンタシオンの「SAD!」をダンスポップリメイク! Spotifyだけで10億のストリームを集めShazam世界チャート1位のバイラルヒットソングとなった、ロシアの音楽プロデューサー/DJ、Rassterによるカバー曲を「Roses」を大ヒットさせたImanbek(イマンベク)がリミックス。

原曲)XXXTENTACION – SAD! [2018]米

twocolors – Lovefool [2020.5]独

「Love me love me, Say that you love me …」の歌詞でお馴染み、The Cardigans(カーディガンズ)1996年の名作「Lovefool」のSlap House(スラップハウス)リメイク曲。

原曲)The Cardigans – Lovefool [1996]スウェーデン

Surf Mesa, Topic – ily (i love you baby) (Topic Remix) ft. Emilee [2020.5]米

シアトル出身の音楽プロデューサー Surf Mesa(サーフ・メサ)より、Emilee Flood(エミリー・フラッド)によるTik Tok投稿にトロピカルハウス的かつチルアウトなリミックスを加えたバイラルヒットソング(のリミックス)。オリジナルは多くのアーティストに歌い継がれてきた名曲「Can’t Take My Eyes Off You(邦題:君の瞳に恋してる)」。

Pablo Bravas – King (ft. Nina Chuba) [2020.5]英

HVME – GOOSEBUMPS [2020.6]スペイン
Travis Scott – Goosebumps (Remix)

トラヴィス・スコット2016年の曲「Goosebumps」のスラップハウス・リメイク! 超ロングプレイ曲。

原曲)Travis Scott – goosebumps ft. Kendrick Lamar [2017]米

KSHMR & Stefy De Cicco – Kids (feat. MKLA) [2020.8]米/伊

原曲)MGMT – Kids [2008]米

Tiësto – The Business [2020.9]蘭

オランダのTiësto(ティエスト)よるスラップ・ハウス調のヒット。

Marshmello x Imanbek (Ft. Usher) – Too Much [2020.10]米/カザフスタン

「Roses」「SAD」等のSlap House(スラップハウス)の大ヒットを手掛けたカザフスタンのDJ、Imanbek(イマンベク)とMarshmello(マシュメロ)、Usher(アッシャー)のコラボ! BBC Radio 1 ローテーション。

Hi_Tack – Say Say Say (Waiting 4 U) (Steff da Campo & 71 Digits Radio Mix) [2020.10]

1983年ポール・マッカートニー&マイケル・ジャクソンのヒット曲「Say Say Say」を原曲としたトランス・ヒットのリメイク。

原曲)Hi_Tack ‎– Say Say Say (Waiting 4 U) [2005]蘭

Jonasu – Black Magic [2020.12]独/蘭

ドイツ・マンハイム出身、オランダ・アムステルダムを拠点とする音楽プロデューサー/DJのJonasu(ジョナス)によるスラップハウス!

ATB, Topic, A7S – Your Love (9PM) [2021.1]独/英

1998年イビザ・トランスの代表的ヒット曲、ATBの「9PM」をスラップハウスとしてリメイク! BBC Radio 1 ローテーション。

原曲)ATB – 9PM (Till I Come) [1998]独 Balearic/Ibiza Trance

KORRES x Moss Kena – Let’s Get Naked [2021.1]

Madison Mars & 71 Digits – Out Of Touch (Madison Mars Edit) [2021.2]エストニア/蘭

2004年にはUniting NationsによるNu Disco(ニューディスコ)としてもヒットした、1984年 Daryl Hall & John Oatesの「Out Of Touch」ネタのスラップハウス。

Alan Walker x Imanbek – Sweet Dreams [2021.6]ノルウェー/カザフスタン

1994年スキャットマン・ジョンの大ヒット「Scatman (Ski-Ba-Bop-Ba-Dop-Bop)」をスラップハウス・リメイク。

A7S – Nirvana [2021.6]スウェーデン

Tiësto & Karol G – Don’t Be Shy [2021.8]蘭/コロンビア

Tiësto(ティエスト)とコロンビアのシンガ―ソングライター Karol G(カロルG)のコラボによるSlap House(スラップハウス)調のダンスポップ、BBC Radio 1 ローテーション曲。 

Clean Bandit & Topic – Drive ft. Wes Nelson [2021.8]英

 

 

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • カテゴリー

  •  

  •  

    広告掲載のご依頼はこちら

     

    イベント情報








    チャート情報











    データベース







    情報サイト


























    レーベル・レコード会社





PAGE TOP ↑