2018年クラブ/ダンスミュージックまとめ Part 1

公開日:  最終更新日:2019/07/09


基本的にはmixmag(ミックスマグ)やResident Advisor(レジデント・アドバイザー)など世界のクラブミュージック専門評論とNY、London、Ibizaのクラブが扱う範囲の話題曲リストです。

2018年クラブミュージック編
Part 1 Part 2 Part 3 Part 4 Part 5
2018年クラブ ダンスポップ編
Part 6 ダンスポップ編 Part 7 ダンスポップ編
2019年クラブミュージック編
2019年クラブミュージック編 フロントページ

 

2018年 世界3大クラブヒット

まずはクラブミュージック界においてどの情報メディアでも2018年ベストとして取り上げられているダンスフロア/オンエア定番の3曲からご紹介!

Peggy Gou – It Makes You Forget [2018]独/韓

まさに個性の勝利!著名な女性DJとしてThe Black Madonna(ザ・ブラック・マドンナ)、Honey Dijon ※LGBT(ハニー・ディジョン)と並び称されるほど2018年に知名度を上げたPeggy Gou(ペギー・グー)のヒット曲です。

英国BBC Radioが選ぶ「ダンスミュージックを形作った過去30年史上の重要曲」にも選出、Deep House(ディープハウス)Nu Disco(ニューディスコ)の中間的な性格を持っています。

フランス語や南米圏の言語のように聞こえますがよく聴けばなんと韓国語!いわゆるK-POPとは無関係な本物のダンス・アンダーグラウンドの舞台で、アジアの言語でも世界で勝負できることを証明してしまった衝撃的な曲です。

Dj Koze – Pick Up [2018]独

インディーレーベルPAMPAを主催するドイツ、ハンブルクのディープハウス系音楽プロデューサー、DJ Koze(ディージェイ・コーツェ)の2018年ヒット。

ディスコハウスブームの火付け役

ディスコトラックは、Larry Levan(ラリー・レヴァン)のParadise Garage(パラダイス・ガラージ)でも定番曲であった1978年のMelba Moore「Pick Me Up I’ll Dance」から、歌は1980年のGladys Knight & the Pips「Neither One of Us」から。

Melba Moore – Pick Me Up I’ll Dance [1978]米

Krystal Klear – Neutron Dance [2018]米

80sサウンド・リバイバルの火付け役

アイルランド・ダブリン出身、NYを拠点に活動するハウスDJ/プロデューサー、Krystal Klear(クリスタル・クリア)の2018年サマーヒット。80年代Hi-NRG(ハイエナジー)を彷彿させるローランドTR-808ドラムマシン由来のチープなCowbell(カウベル)サウンドが印象的な1曲です。BBC Raido 1 Friday Night 6月~8月のヘビロテ曲。

 

Dynoro, Gigi D’Agostino – In My Mind [2018]リトアニア/伊

2012年にヒットしたProgressive House(プログレッシブ・ハウス)が、リトアニアのDJ音楽プロデューサー、ダイノロとイタリアのジジ・ディアゴスティーノによる再アレンジによって生まれ変わり、2018年リバイバル・ヒット曲に! 原曲が持つメロディの魅力が引き出されています。クラブ~フェスでの人気はもちろんネットミームにもなりました。

In My Mind オリジナル曲

Ivan Gough & Feenixpawl ft. Georgi Kay – In My Mind (Original) [2012]

Virtual Self – Ghost Voices [2017/2018]米

2017年末にリリースされ、2018年にヒットしたVirtual Self(ヴァーチャル・セルフ)の曲。トランスをもっとダークな曲調でミニマルにした比較的新しいジャンル、Neotrance(ネオトランス)にあたる曲です。

4B x Teez – Whistle [2018]

Jersey Club(ジャージー・クラブ)のトップDJ、4B(フォービー)が2018年にリリースした鳴りモノ入りトラックですが、EDM方面でのウケが非常に良くダブステやトラップにミックスして活用したり、マッシュアップ曲が制作されている曲です。

「どんだけみんなホイッスル好きなんだよ!」といいたくなるくらい、YouTube上にも無数の「Whistle」動画が存在し、おそらくジャージー・クラブとしては2018年で最も多くYouTubeにアップロードされた曲だと言えます。

モール・グラブの2018年ヒット、MOVE

ローファイ・ハウスから誕生したNu Disco(ニュー・ディスコ)ヒット!

Young Romanticという正体不明のアーティストからリリースされたこの曲の実体は、Lo-Fi House(ローファイ・ハウス)の雄、オーストラリアのMall Grab(モール・グラブ)によるインストゥルメンタル曲「Feel Good House」をベースに1984年Carmenの「Time to Move」をミックスしたヴォーカル版ブートレグ「Feel Good House (EAcapella)」としてリリースされていた曲から、ローファイ成分(歪み)を抑えて別名で一般向けに再リリースされたものです。90年代後半、Stardust時代の古典的なフィルターディスコのスタイルながら2018年の夏ヒットに。

Young Romantic – MOVE (Time to Get Loose) [2018]豪 Lo-Fi House

Feel Good House (EAcapella) ヴォーカル原曲

Carmen – Time to Move [1984]米 Freestyle

2019年3月には更にその「Move」のカバーまでがクラブチャート入りしてしまうという人気ぶり。(つまり2019年でもまだ現役)

Oliver Heldens & Lenno – This Groove [2019]蘭 Future House

Purple Disco Machine – Dished (Male Stripper) [2018]独

レイザーラモンそのままのハードゲイPVでも知られるマン・パリッシュによる80s有名曲「Man 2 Man Meet Man Parrish – Male Stripper」の Purple Disco Machine(パープル・ディスコ・マシーン)による2018カバー。

原曲:Man 2 Man Meet Man Parrish – Male Stripper [1987]

Adelphi Music Factory – Javelin [2018]英

UKロンドンのDJユニット アデルフィ・ミュージック・ファクトリーによる、2011年LaShun Pace(ラシャン・ペース)のアカペラ録音を使用したド派手なハウスヒット!

Paul Woolford – Hang Up Your Hang Ups [2018]英

いつものSpecial Request(スペシャル・リクエスト)Paul Woolford(ポール・ウールフォード)らしいドカスカ具合は控え目に、オシャレなディープハウス路線に転向した2018年ヒットです。

Hang Up Your Hang Ups (CamelPhat Remix) [2018]英

Bicep – Opal (Four Tet Remix) [2018]アイルランド/英
Bicep – Glue [2017/2018]アイルランド

2015年の傑作シングル「Just」をきっかけに2017年、2018年と引き続きクラブミュージック界で高評価を得たBicep(バイセップ)のヒットです。2017年11月リリース~実質2018年ヒットの「Glue」とセットで!

 

Part 2 につづく

2018年クラブミュージック編
Part 1 Part 2 Part 3 Part 4 Part 5
2018年クラブ ダンスポップ編
Part 6 ダンスポップ編 Part 7 ダンスポップ編
2019年クラブミュージック編
2019年クラブミュージック編 フロントページ

 

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • カテゴリー

  •  

    バンドTシャツ・ロックTシャツ店 BEATBOMB バンドTシャツ・ロックTシャツ専門店 ビートボム

    イベント情報







    チャート情報












    データベース






    情報サイト




























    レーベル・レコード会社






PAGE TOP ↑