Paul Woolford(ポール・ウールフォード)※edc Japan 2018 出演

公開日:  最終更新日:2019/05/20

海外・国内スター バンドTシャツ特集

アーティスト情報まとめ

読み方

ポール・ウールフォード (ウルフォードも可)

本人の自己紹介。縮めて発音するBBC のDJ陣と違って「ウールフォード」と伸ばしています。

 

詳細

UKの音楽プロデューサー、DJ。Special Request(スペシャル・リクエスト)名義でも活動。楽曲スタイルはハウス、テクノ、Speed Garage(スピード・ガラージ)。2015年にはThe Chemical Brothers(ケミカル・ブラザーズ)「Go」やJamie xx(ジェイミー・エックス・エックス)「Loud Places」のリミックスも手掛けた。

 

代表曲

Discogs – Paul Woolford ディスコグラフィー

Discogs – Special Request ディスコグラフィー

Paul Woolford -You Already Know (D-Mix) [2019]

Cherylことシェリル・コールの2018年12月リリース曲です。ウルフォードがベーシックなピアノハウスとしてほぼ全面的に作り変えてます。
Cheryl – Love Made Me Do It (Paul Woolford Remix) [2018]

 

2018年ヒット、Hang Up Your Hang Ups [2018]

いつものポール・ウルフォードらしいドカスカ具合は控え目に、オシャレなディープハウス路線に転向した曲。2018年の各評論メディアでもクラブミュージック・オブ・ザ・イヤーとして高評価を獲得した曲です。

Paul Woolford – Hang Up Your Hang Ups (The Only One) [2018]

Paul Woolford – Hang Up Your Hang Ups (CamelPhat Remix) [2018]

 

Special Request – Curtain Twitcher [2017]

 

Special Request – Brainstorm [2017]

 

Paul Woolford – Mother & Child [2016]

 

Special Request – Amnesia [2015]

 

Jamie xx – Loud Places (Special Request VIP) [2015]

 

The Chemical Brothers – ‘Go’ (Special Request Warehouse Remix) [2015]

 

Paul Woolford – Orbit [2015]

 

Paul Woolford – MDMA [2015]

 

Tessela – Hackney Parrot (Special Request VIP) [2013]

 

Special Request – Soundboy Killer [2013]

 

 

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • カテゴリー

  •  

    バンドTシャツ・ロックTシャツ店 BEATBOMB バンドTシャツ・ロックTシャツ専門店 ビートボム

    イベント情報







    チャート情報












    データベース






    情報サイト




























    レーベル・レコード会社






PAGE TOP ↑