2019年最新洋楽ロック(全520曲) フロントページ

公開日:  最終更新日:2019/08/23


洋楽ロックがオワコンなんてもう言わせない、2019年おすすめ最新曲の特集です。(現在全520曲 約30時間分)
2019年のオンエア曲から厳選したダイジェスト版紹介ページです。

 

2019年洋楽ロックまとめ
ダイジェスト Pt.2 Pt.3 Pt.4 »

 

2019年6~8月度 洋楽ロック話題曲 BBC最新

ヒップホップに圧迫されたBillboard Hot 100 Chartとにらめっこしても洋楽ロックのトレンドなんて絶対に把握できない時代! オルタナ(グランジ含む)/インディー/パンク(ポストパンク含む)/サイケ(ドリームポップ含む)/ガレージ(サーフ含む)/エレクトロ(ニューウェイヴ含む)をメインストリームとして未だかつてない勢いで良曲がリリースされているロックの現状を反映したBBCセレクション+α の話題曲集です。

基本的に洋楽ロックはチャートベースではなく 米国のPitchfork(ピッチフォーク)と英国のBBC Radio 1 & 6 の選曲リストをチェックすることでトレンドを押さえることが出来るのですが、どちらもポップス寄りの商業ロックとエモ系/ラウド系/HM/HR/カントリーを避ける傾向があるため、Billboard Hot Rock Songsも参考までに貼っておきます。またUSインディーチャートはこちら →New Alternative 40 – August 18,2019

 

The 1975 – People [2019]英

やればなんでも出来ちゃう子、The 1975からまさかのポスト・ハードコア新曲! 2019年8月23日リリース、BBC Radio 1 ローテ曲。

Sam Fender – Will We Talk? [2019]英

BBCの「Sound Of 2018」にノミネートされたUKのシンガーソングライター、Sam Fender(サム・フェンダー)から2019年7月リリースのヘビロテ曲!

BODEGA – Shiny New Model [2019]米
BODEGA – Name Escape [2018]米

米NYのポストパンク/アートロック・バンド、BODEGA(ボデガ) 2019年7月末リリースのキャッチーなローテーション曲。 加えてESG の影響を感じさせる2018年リリース曲「Name Escape」をご紹介♪

サマソニ2019出演!
Psychedelic Porn Crumpets – Hymn For A Droid [2019]豪

オーストラリア出身のサイケデリックロック・バンドとしてKing Gizzard and the Lizard Wizardらのサポートによりデビューした、サイケデリック・ポーン・クランペッツより2019年5月末リリース、BBC Radio 1 ロングヒット曲。

Sea Girls – Violet [2019]英

Nick Caveの曲「Water’s Edge」の歌詞にあるCity Girlsという言葉を取り違えたのがバンド名の由来! UKロンドンの野郎4人組インディーバンド、Sea Girls(シー・ガールズ) 2019年8月リリース、BBC Radio 1 ヘビロテ曲。「恋はあせらず」by シュープリームス/フィル・コリンズのフレーズが飛び出すポップチューン!

Liam Gallagher – One of Us [2019]英
Liam Gallagher – Shockwave [2019]英

リアム・ギャラガーの8月のBBC Radio 1 ヘビロテ曲とビートルズなフレーズが飛び出す6月リリース曲をセットで!

Foals – Black Bull [2019]英

Foals史上最も重く凶暴なナンバー!UKオックスフォード出身の5人組インディーバンド、Foals(フォールズ)10月リリースのNEWアルバム『Everything Not Saved Will Be Lost – Part 2』から、8月公開の先行シングル。BBC Radio 6 ローテ曲。

Temples – You’re Either On Something [2019]英

UKノーサンプトンシャー出身のサイケデリックロック・バンド、Temples(テンプルズ)より2019年8月リリース、BBC Radio 1 ローテ曲。

Gender Roles – Hey with Two Whys [2019]英

UKブライトンのインディーパンク・バンド、Gender Roles(ジェンダー・ロールズ)2019年7月リリース、BBC Radio 1 ヘビロテ曲。

HAIM – Summer Girl [2019]米

米国カリフォルニアの姉妹ガールズバンド、HAIM(ハイム)から7月31日(日本時間8月1日)にYouTubeプレミア公開とBBC Radio 1 Annie Mac で同時公開された新曲! もちろんヘビーローテーション。The Velvet Underground のフロントマンLou Reed(ルー・リード)の歴史的名曲「ワイルド・サイドを歩け」の2019年版と解釈できるスローナンバー。

Lou Reed – Walk on the Wild Side [1972]米

Hatchie – Stay With Me [2019]豪

オーストラリア・ブリスベン出身、インディーバンド Babaganouj (バブガニューシュ) のヴォーカル Harriette Pilbeam(ハリエット・ピルビーム)によるソロ・プロジェクト、Hatchie(ハッチー) 2019年4月リリース、8月 BBC Radio 1 ローテ曲。これはソフィスティケート&ポップス化された2019年の「Born Slippy」だ!

The Chats – Identity Theft [2019]豪

オーストラリアの3ピース・ガレージパンク/パブパンク・バンド、The Chats(ザ・チャッツ) 2019年7月末リリース、BBC Radio 1 ローテ曲。

Black Futures – Body & Soul [2019]英

懐かしのデジロック再来! Death From AboveとChemical Brothersを混ぜたようなUKロンドンのオルタナ/インディー・バンド、Black Futures(ブラック・フューチャーズ)より2019年8月リリース、BBC Radio 1 ローテ曲。あいててよかった磯丸水産と渋谷スクランブル交差点がお気に召したようです!

Clairo – Bags [2019]米

米国ボストンのシンガーソングライター、Clairo(クライロ)より2019年5月末リリース、BBC Radio 1 ヘビロテ曲。

Blossoms – Your Girlfriend [2019]英

UKマンチェスター南部ストックポート出身のインディーポップ・バンド、Blossoms(ブロッサムズ)2019年6月リリース、BBC Radio 1 超ヘビロテ曲。2018年ヒット「There’s A Reason Why」とセットで。

2018年ヒットでは歌舞伎町の老舗ホストクラブ、愛本店でカラオケを唄いました!

Blossoms – There’s A Reason Why (I Never Returned Your Calls) [2018]英

Cuco – Keeping Tabs feat. Suscat0 [2019]米

カリフォルニア州ホーソーン出身のメキシコ系アメリカ人SSW、Cuco(クコ) 2019年7月リリースのサイケポップ/ドリームポップ新曲! BBC Radio 1 ローテーション。

RAT BOY – TRUTH OF THE YOUTH [2019]英

Rancidのティム・アームストロングのプロデュース下ではパンク過ぎて振るわなかったRAT BOY(ラット・ボーイ)でしたが今回James Dringとの共同プロデュースにより、ようやくラットボーイらしさを取り戻した新曲! BBC Radio 1 ローテ曲。

Declan Welsh & the Decadent West – No Fun [2019]英

UKグラスゴー出身のパンクバンド、デクラン・ウェルシュ・アンド・ザ・デカデント・ウェスト2019年6月リリース、BBC Radio 1 ローテ曲。

twenty one pilots – The Hype [2019]米

アメリカ合衆国オハイオ州出身の2人組ロックバンド、twenty one pilots(トゥエンティ・ワン・パイロッツ)より2019年7月リリース、BBC Radio 1 ローテ曲。

Oscar Lang – Hey ft. Alfie Templeman [2019]英

UKロンドンのシンガーソングライター、Oscar Lang(オスカー・ラング)Alfie Templeman(アルフィー・テンプルマン)による才能溢れるティーンエイジャー同士のコラボ曲! 2019年7月リリース、BBC Radio 1 ローテ曲。

Alfie Templeman – Stop Thinking (About Me) [2019]英

UKベッドフォードシャー出身、弱冠15歳のSSW、Alfie Templeman (アルフィー・テンプルマン)の新曲。あどけなさの残る声に確かなソングライティングが光る。こら、本物だわ。

Husky Loops – I Think You’re Wonderful [2019]英

UKロンドンと伊ボローニャ出身のオルタナティブ/エクスペリメンタル/アートロック・バンド、Husky Loops(ハスキー・ループス) 2019年7月末リリース、BBC Radio 1 ローテ曲。

Jade Bird – Lottery [2018]英

2018年1月リリース曲にもかかわらず2019年の夏になっても頻繁にオンエアされるBBC Radio 1 ロングプレイ曲! ビリー・アイリッシュなど新世代とは異なりシンガーソングライターの王道を行く姿勢、これや良し!

Easy Life – Earth [2019]英

UKレスター出身の5人組インディー・ロックバンド、Easy Life(イージー・ライフ)から「Pocket」「Nightmares」「Sunday」に続いて2019年7月リリース、BBC Radio 1 ヘビロテ曲。

Penelope Isles – Leipzig [2019]英

UKブライトンの4人組インディーロックバンド、Penelope Isles(ペネロペ・アイルス)の2019年6月にリリースされたNEWアルバム『Until the Tide Creeps In』からのナンバー。BBC Radio 1 & 6 6-7月ロング・ヘビロテ曲。

Whitney – Giving Up [2019]米

米シカゴのフォークロック/インディーロック・バンド、Whitney(ホイットニー)2019年6月リリース、BBC Radio 1 ローテ曲。

Squid – The Cleaner [2019]英

昨今のポストパンク・ブームの中でも急先鋒と言えるUKのバンド、Squid(スクイッド)から2019年7月リリース、BBC Radio 1 ローテーション。後半からのプログレッシヴな展開で尖りまくった長尺の新曲!

Walt Disco – Strange To Know Nothing [2019]英

トーキング・ヘッズ風の楽曲が増える中、80s New Romantic(ニューロマンティック)をモロに狙ってきたUKグラスゴー出身のニューウェイブ・ロックバンド、Walt Disco(ウォルト・ディスコ)より2019年5月リリース、BBC Radio 1 ローテ曲。カオスの中でロックが胎動し始めた2019年!

Mini Mansions – I’m In Love [2019]米

T-RexはもとよりビートルズやELOの影響も受けている米カリフォルニアのインディーポップ/サイケ~グラムロック・バンド、Mini Mansions(ミニ・マンションズ)より2019年6月リリース、BBC Radio 1 ローテ曲。

Working Men’s Club – Teeth [2019]英

トーキング・ヘッズやテレヴィジョン、ストロークス等から影響を受けているUKウエスト・ヨークシャー出身のティーンエイジャーからなるインディーロック・バンド、Working Men’s Club(ワーキング・メンズ・クラブ)2019年7月リリース曲、BBC Radio 1 ローテーション。

Villagers – Summer’s Song [2019]アイルランド

アイルランド・ダブリン出身のSSW、コナー・J・オブライアン率いるインディー・フォーク・バンド、Villagers(ヴィレジャーズ)より2019年7月リリース、BBC Radio 1 ローテ曲。

White Reaper – Real Long Time [2019]米

米ケンタッキー州ルイビルのガレージパンク/パワーポップ・バンド、White Reaper(ホワイト・リーパー) 2019年7月リリース、BBC Radio 1 ローテ曲。

Catfish and the Bottlemen – Conversation [2019]英
Catfish and the Bottlemen – 2all [2019]英

Oasis(オアシス)の影響を最も濃厚に受けているUKウェールズ出身のインディーロック・バンド、キャットフィッシュ・アンド・ザ・ボトルメンから2019年7月リリースの新曲を含めたBBC Radio 1 ヘビロテ曲×2選。

Blackwaters – I’m Not Your Man [2019]英

ヴェルヴェッツ、ラモーンズ、クラッシュ、デッドケネディーズ、ジョナサン・リッチマン等に影響を受けているというUKシェフィールドのインディーパンク・バンド、Blackwaters(ブラックウォーターズ)より2019年3月リリース、8月BBC Radio 1 ローテ曲。

FUR – Nothing (Until Something Else Comes Along) [2019]英

「いつの時代の曲だよっ!!」とツッコミたくなる、まさかのビーチ・ボーイズ風メロディ! UKブライトンの4人組インディーバンド FUR(ファー)が2019年7月にリリースしたサーフロック調&ドリーミーな新曲、BBC Radio 1 ローテーション。

PINE – Maladroit [2019]加

邦楽ロックにも通じるサウンドの美メロソング登場!!! カナダ-オタワのオルタナティブロック・バンド、PINE(パイン)から2019年7月リリースの「マラドロワ=不器用な」という名のロマンティックなラブソング、BBC Radio 1 ローテ曲。

Drahla – Pyramid Estate [2019]英

UKリーズのポストパンク・バンド Drahla(ドラーラ)のデビューアルバム『Useless Coordinates』から2019年4月リリース、BBC Radio 1 ローテ曲。Shame や IDLES に続くニューカマー!

Dry Cleaning – Magic of Meghan [2019]英

UKロンドンのポストパンク・バンド、その名もDry Cleaning(ドライ・クリーニング)(えッ、マジでっ?!)から2019年7月リリース、BBC Radio 1 ローテ曲。

The Dunts – Bad Decisions [2019]英

Council Punk(カウンシル=評議会パンク)を自称するUKグラスゴーの4人組パンクバンド、The Dunts(ザ・ダンツ)2019年6月リリース、BBC Radio 1 ローテ曲。

Kid Kapichi – Death Dips [2019]英

UKサセックスのオルタナ/インディー・バンド、Kid Kapichi(キッド・カピチ)から2019年7月リリース、BBC Radio 1 ヘビロテ曲。自己紹介に「Haunted House」とある通りハロウィン的ホラー調メロディが特徴のバンドです。

Muskets – Violent Paradise [2019]英

Grunge is Back!! UKブライトンのオルタナティブロック・バンド、Muskets(マスケッツ)より2019年4月リリース、7月BBC Radio 1 ローテ曲。

Frank Iero And The Future Violents – Great Party [2019]米

My Chemical Romance(マイ・ケミカル・ロマンス)のギタリスト、Frank Iero(フランク・アイイアロ)のソロ・パンク・プロジェクト、Frank Iero and the Future Violentsから2019年7月リリースの曲、BBC Radio 1 ローテーション。

Talkboy – Over & Under [2019]英
Talkboy – Wasting Time [2019]英

UKヨークシャーのインディーロック・バンド、Talkboy(トークボーイ)2019年7月リリース、BBC Radio 1 ローテ曲。ビートルズ、デビッド・ボウイ、オアシスなど正統派ブリティッシュロックの流れを汲むインディーポップ!

Clean Cut Kid – Can’t hide the feeling [2019]英

リヴァプール出身のインディーポップ・バンド、Clean Cut Kid(クリーン・カット・キッド)2019年4月リリース、6月~7月BBC Radio 1 ローテ曲。

Aldo – Papermaze [2019]伯

ブラジルのエレクトロデュオ、Aldo(アルド)より2019年7月リリース、BBC Radio 1 ローテ曲。

Biffy Clyro – Balance, Not Symmetry (From The Original Motion Picture Soundtrack) [2019]英

スコットランド出身のロック・バンド、Biffy Clyro(ビッフィ・クライロ)による英米合同映画「Balance, Not Symmetry」のタイトル曲。BBC Radio 1 ローテ曲。

blink-182 – Happy Days [2019]米

日本にもファンが多い米カリフォルニアのポップパンク・バンド、Blink-182(ブリンク ワン エイティートゥー)から2019年7月リリース、BBC Radio 1 ローテ曲。

The All-American Rejects – Send Her To Heaven [2019]米

米オクラホマ出身のオルタナティブロック・バンド、オール・アメリカン・リジェクツより2019年7月リリース、BBC Radio 1 ローテ曲。

サマソニ2019出演!
Bring Me The Horizon – mother tongue [2019]英

ブリング・ミー・ザ・ホライズンのメロディメイカーぶりが際立つキャッチーでストレートなロック! 2019年5月公開、BBC Radio 1 超ヘビロテ曲。

Ty Segall – Taste [2019]米

USインディーの至宝! 米サンンフランシスコ出身のガレージ/ローファイ/サイケ/パンクロック・ミュージシャン、Ty Segall(タイ・セガール)2019年6月リリース、BBC Radio 1 ローテ曲。Freedom Bandのメンバーを次々と殺してゆくセガール! Benだけは助かりましたとさ。

Blis – Bad Weather [2019]米

ロック好きなら誰でも気付く、これはまさしくスマパンの「1979」だ! 米アトランタのオルタナエモ・バンド、Blis(ブリス)2019年7月リリース、BBC Radio 1 ローテ曲。

The Snuts – All Your Friends [2019]英

英スコットランドはウェスト・ロージアン発の4人組インディーロック・バンド The Snuts(ザ・スナッツ)の5月リリースのNEWシングル。初期アクモンかよっ!というかアレックスと声が似てます。BBC Radio 1 & 6 ヘビロテ曲。

ROAM – I Don’t Think I Live There Anymore [2019]英

UKイーストボーンのオルタナティブロック・バンド、ROAM(ローム)2019年7月リリース、BBC Radio 1 ローテ曲。

Do Nothing – Gangs [2019]英

デカめのジャケットもデヴィッド・バーンを意識してる? トーキング・ヘッズを彷彿させるUKノッティンガムの出身のポストパンク/インディーロック・バンド、Do Nothing(ドゥー・ナッシング)から2019年5月リリース、2019年7月BBC Radio 1 ローテ曲。

Foster The People – Imagination [2019]米

「Pumped Up Kicks」等のヒットでお馴染み、米国LAのインディーポップ・バンド、Foster The People(フォスター・ザ・ピープル)から2019年6月リリースのヒット。チャート上昇曲。

Big Spring – Reset [2019]英

90年代グランジサウンド再来! UKブライトン出身のオルタナティヴロック・バンド、Big Spring(ビッグ・スプリング)2019年6月リリース、BBC Radio 1 ローテ曲。

Dinosaur Pile-Up – Back Foot [2019]英

UKリーズのオルタナ/ポストグランジ/ハードロック・バンド、Dinosaur Pile‐Up(ダイナソー・パイルアップ)2019年4月末リリース、BBC Radio 1 ヘビロテ曲。「Thrash Metal Cassette」に続くヒットです。

Pip Blom – Ruby [2019]蘭

ステラ・ドネリーをさらに素っ頓狂にしたような脱力ヴォーカルが魅力! オランダ・アムステルダムの男女4人組インディーロック・バンド、Pip Blom(ピップ・ブロム)2019年4月リリース、2019年6月BBC Radio 1 ローテ曲。

Life – Hollow Thing [2019]英
Life – Moral Fibre [2019]英

UKキングストン・アポン・ハルのオルタナロック・バンド、Life(ライフ)2019年3月&6月リリースの2曲。なんでこのバンド名にしたんだよ、超絶ググりにくいだろっ!10億件の検索結果からどうやって見つけんだよ!!BBC Radio 1 & 6 ローテーション。

Tame Impala – Patience [2019]豪
Tame Impala – Borderline [2019]豪

世界が注目するオーストラリアのサイケデリック・ロック・バンド、Tame Impala(テーム・インパラ)2019年3月21日リリースのウットリするほど美メロな新曲「Patience」! BBC Radio 1 超x超ヘビロテ曲。今回のエレガント路線な曲はTOTO(トト)化したテーム・インパラが37年間のロックの進化を経て送り出した「Rosanna(ロザーナ)」の生まれ変わりソングだと思って聴くと別の楽しみ方が出来ます!同時ヘビロテ状態にある新曲「Borderline」とセットで。

Fontaines D.C. – Boys In The Better Land [2019]アイルランド

「スーパースターだかポルノスターだか知んねえが自慢のクルマに乗ってこっから失せろ!」「オメーらの話はいつもイイトコ住んでる連中の事ばっかだ」 アイルランド ダブリンの5人組ポストパンク・バンド Fontaines D.C.(フォンテインズ・ディーシー)の2019年4月12日リリースのアルバム「Dogrel」から BBC Radio 1 ヘビロテ曲×2 Ver.。パンクの源流 The Velvet Underground(ヴェルヴェット・アンダーグラウンド)の匂いすら嗅ぎ取ることが出来る、オリジナルパンクを知る者にはたまらないクールなロック! メロコアから本来の姿を取り戻したパンクロックの道標として現在 IDLES(アイドルズ)、Shame(シェイム)と並ぶ重要バンドです。UKツアーは全てソールドアウト!

Boys In The Better Land (Darklands Version)

WOOZE – I’ll Have What She’s Having [2019]英

ゲイリー・ニューマンの歴史的名作「Cars」を彷彿させる80sニューウェイヴ・サウンドの再来! UKロンドンの英国人と韓国人によるインディーロック・デュオ、 WOOZE(ウーズ)2019年3月リリース、BBC Radio 1 ローテ曲。

black midi – talking heads [2019]英

現在、ロンドン界隈で噂の4人組エクスペリメンタル/ポストパンク・バンド、black midi(ブラック・ミディ)の新曲はこれまた “Rough Trade” から。Dan Carey(ダン・キャリー)のレーベル “Speedy Wunderground” からのデビューシングルも最高でしたが、この新曲は本家トーキング・ヘッズに負けず劣らず実験的かつダンサブルなナンバー。

Amyl and the Sniffers – Monsoon Rock [2019]豪
Amyl and the Sniffers – Got You [2019]豪

オーストラリア・メルボルンのパンクバンド、Amyl and the Sniffers(アミル・アンド・ザ・スニッファーズ)2019年3月と4月にリリースされた2選、BBC Radio 1 ローテ曲。

Mattiel – Keep The Change [2019]米
Mattiel – Count Your Blessings [2017/2018]

60sサイケポップ、ドノヴァン、ピーター・ポール&マリー、モンキーズ、ジャニス・ジョプリン、ナンシー・シナトラ等に影響を受けている米国アトランタ出身のシンガーソングライター、Mattiel(マティール)ことMattiel Brown の2019年ヒット&2018年ヒットをセットで!

参考)Nancy Sinatra – Bang Bang [1966]米

 

 

Part 2 につづく

2019年洋楽ロックまとめ
ダイジェスト Pt.2 Pt.3 Pt.4 »

 

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • カテゴリー

  •  

    バンドTシャツ・ロックTシャツ店 BEATBOMB バンドTシャツ・ロックTシャツ専門店 ビートボム

    イベント情報







    チャート情報












    データベース






    情報サイト




























    レーベル・レコード会社






PAGE TOP ↑