2018年洋楽ランキング

洋楽好きなら必見、毎年12月半ばから世界中のミュージック情報サイトで発表される音楽評価ランキングを集めた、2018年洋楽ベストのリンク集です。

ポップス・インディーロックからクラブミュージック・ヒップホップまで各ジャンル別のランキングが発表されています。

随時、新着情報があれば追加してゆきます。 このページは永久保存版として保管しますので、ブックマークを取ってお好きな時にお楽しみください。

 

国内

The Sign Magazine(サイン・マガジン)

「rockin’on(ロッキング・オン)」副編集長「snoozer(スヌーザー)」編集長として90年代の日本の音楽評論を牽引してきたタナソウこと田中宗一郎のオンラインマガジン、「sign(サイン)」の2018洋楽ランキング。

Warszawa(ワルシャワ)

日本を代表するインディー専門レコードショップ「下北沢 ワルシャワ」/カセットテープ専門オンラインストア「TAPE SCHOOL」から、世界と闘う孤高のレビュアー、ヤナギシャワこと柳澤祐至の洋楽ランキング、2018年版!

BEATINK(ビートインク)

洋楽プロモーションでホステス・エンタテインメントと双璧を成すエレクトロ中心の重要レーベル、ビートインクの2018年ランキングです。

HigherFrequency(ハイヤーフリケンシー)

Romy Mats名義でダンスミュージック/電子音楽のクラブパーティー『解体新書』を主宰する松原裕海がライター/編集長を務める音楽情報サイトの2018年スタッフランキング。

Spincoaster(スピンコースター)

洋邦おりまぜた新世代の音楽情報メディア、スピンコースターの2018年ランキング!音楽バー「Spincoaster Music Bar」の運営でも知られています。

YGDB(洋楽データバンク)

当サイトでも各種統計やネット上の露出、オンエア状況、期待値などからざっくりと2018年クラブ/ダンスを分かりやすくまとめておきました。興味のあるかたは是非!

 

海外(英語版 ※一部日本語)

BBC Radio

泣く子も黙る選曲家集団、BBC Radioの2018年ランキングです。

 

Official Charts(オフィシャル・チャート)

英国Official Charts Company(略称:OCC)の2018年ランキングです。一般に英国チャート/UKチャートという場合、このチャートの事を指します。

 

Metacritic(メタクリティック)

米国CBSが傘下に置く映画・音楽・ゲームのレビュー情報収集サイト。さまざまなウェブサイトのレビューを集積してプログラムで数値化した客観的なランキングとなっています。

 

SPIN(スピン)

90年代に活躍、ポップス・ロックからヒップホップ・ハウスまで幅広く扱い、奇をてらわない良識バランス派、スピン誌のランキングです。2018年の概要を知るには最も適しています。


 

Pitchfork(ピッチフォーク)

人気曲というだけでは得点をくれない業界のひねくれ者、音楽の進歩性を重視した、世界で最も注目されるピッチフォークの音楽通向けランキングです。







 

mixmag(ミックスマグ)

クラブミュージックの殿堂、ミックスマグ誌のランキングです。DJやクラブ、レーベル等のランキングもあります。目ぼしい曲を押さえており、2018年の概要を知るには最も適しています。

 

Resident Advisor(レジデント・アドバイザー)

エレクトロ/クラブ/DJ情報を統括する世界的規模のデータベース、レジデント・アドバイザーのランキングです。スタッフのセレクションはマニアックなエクスペリメンタル志向となっています。




 

FACT Magazine(ファクト)

電子音楽、ラップ、エクスペリメンタル等をメインに扱うUKの音楽誌、FACTの洋楽ランキングです。






 

NME(エヌエムイー)

1952年創業、米国ローリング・ストーン誌よりも古い歴史を持つ英国の老舗音楽誌の王道ランキング!


 

Complex(コンプレックス)

ニューヨークを拠点とするカルチャーマガジン、コンプレックスの2018年ランキングです。


 

Run The Trap(ラン・ザ・トラップ)

Trap(トラップ)を中心にEDM・ベースミュージック・ヒップホップ・クラブミュージック等を扱う米国シカゴのオンラインマガジン、ラン・ザ・トラップの2018年ランキングです。NYのカルチャーマガジン、Complexとも提携関係にあります。


 

Traxsource(トラックスソース)

有名なキャッチフレーズ「Not everybody understands house music.」を旗印にハウスミュージック黎明期にルーツを持つDJ達によって設立された2004年創業のオンラインストア。全36ジャンルに分かれた年間ランキングを発表しています。


 

beatport(ビートポート)

ビートポートのスタッフによって選出された2018年のベストトラックです。驚くほど細分化されたジャンルごとに50曲ずつ選曲されています。

 

Noisey(ノイジー)

1994年にパンク雑誌としてカナダ・モントリオールに発足、後に世界的なカルチャーマガジンとなったVice(ヴァイス)のミュージック・チャンネル「Noisey」の2018年ランキングです。


 

Billboard(ビルボード)

米国チャートでお馴染み、ビルボードのスタッフによる2018年ピックアップです。スタッフ評論はチャート集計とは異なり、シビアに見ているところが面白いです。








 

Louder Than War(ラウダー・ザン・ウォー)

オルタナ・インディーロック中心に活動するUKのオンラインマガジン、ラウダー・ザン・ウォーの2018年ランキングです。



 

Stereogum(ステレオガム)

MP3ブログとして始まった米国の音楽情報ウェブサイト、ステレオガムのランキングです。


 

Soundcloud(サウンドクラウド)

サウンドクラウドが自主制作ミュージシャンの住処だったのは昔の話。今は大物アーティストもこぞって公式アカウントを持っています。2018年、サウンドクラウドで最も人気の高かったアルバム・楽曲が紹介されています。

 

Who Sampled(フー・サンプルド)

サンプリングネタ調査はWho Sampledで!「2018年に最も人気だったネタ使い」という非常にユニークなランキングです!



 

bandcamp(バンドキャンプ)

インディー・リリースの場として有力になってきたバンドキャンプのランキングです。スタッフによるメジャー/インディー織り交ぜたレビューとなっています。










 

PopMatters(ポップマターズ)

1999年にUKで設立された世界的なカルチャーマガジン、ポップマターズのランキングです。













 

Crack(クラック)

UK ブリストル発、ヨーロッパを中心に展開するミュージック/カルチャーマガジン、クラックのランキングです。


 

Gorilla vs. Bear(ゴリラ・ヴァーサス・ベアー)

テキサス発、米国で絶大な人気を誇るmp3ブログ、Gorilla vs. Bearの2018年ランキングです。


 

Rolling Stone(ローリング・ストーン)

ご存知、アメリカ音楽評論のオールドスクール・保守派であるローリング・ストーン誌です。最近は柔軟になってきているようですが、2018年時点で未だにポール・マッカートニーをベスト10に入れてしまうあたりが特徴的です。



 

The Quietus(クワイエタス)

ジャーナリスト、批評家によって運営されるUKのミュージック/カルチャーマガジン、クワイエタスの2018年ランキングです。

 

その他




 

都道府県別の洋楽情報に対するアクセス比率(2018年統計)

関東50%、関西20%、残りを他の大都市が分け合う勢力分布となっています。

都道府県別の洋楽情報に対するアクセス比率(2018年統計)

 

年齢別の洋楽情報に対するアクセス比率(2018年統計)

「若い人は洋楽に興味がない」というのは旧洋楽ファンの思い込みにすぎない、という事が裏付けられています。洋楽への理解がより深いはずの中高年が、実は旧譜の肯定ないし再評価を望んでいるだけで、新譜には関心を示していないという結果になりました。

特に日本国内においては2000年前後のある時期から目に見えて洋楽新譜に接する機会が減少しており、国内メディアの姿勢が洋楽の縮小もしくは劣化を印象づける結果を導いた面も否定できないため、今後の世代別の動向を注視したいと思います。

 

2018年の世界音楽市場

世界全体では4年連続のプラス成長を記録し、国別の売上規模では1位は米国、2位日本、3位英国、4位ドイツ、5位フランスとなっています。

 

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • カテゴリー

  •  

    バンドTシャツ・ロックTシャツ店 BEATBOMB バンドTシャツ・ロックTシャツ専門店 ビートボム

    イベント情報







    チャート情報












    データベース






    情報サイト




























    レーベル・レコード会社






PAGE TOP ↑