2019年最新洋楽ロックまとめ Part 3

公開日:  最終更新日:2019/03/21


洋楽ロックがオワコンなんてもう言わせない、2019年おすすめ最新曲の特集です。
まずは2018年取りこぼしヒットがプレイされる1月のセレクションからご紹介!

 

2019年洋楽ロックまとめ
« Pt.2 Pt.3 Pt.4 Pt.5 Pt.6 Pt.7 Pt.10

 

2019年1~3月度 洋楽ロック話題曲 BBC最新

ヒップホップに圧迫されたビルボードチャートとにらめっこしても洋楽ロックのトレンドなんて絶対に把握できない時代! オルタナ/インディー/パンク/サイケ/エレクトロをメインストリームとして未だかつてない勢いで新曲がリリースされているロックの現状を反映したBBCセレクション+α の話題曲集です。

サマソニ2019出演決定!
CHAI – Fashionista [2019]日本
CHAI – N.E.O. [2017]日本

2018年9月からの「N.E.O.」のオンエアを皮切りに英国BBC Radioの監視対象となっている日本のガールズ・バンド 我らがCHAI(チャイ)の登場です! 米国のPitchfork(ピッチフォーク)もとりあげた2月リリースの2ndアルバム「PUNK」から、BBC Radioの選曲DJ陣が真っ先に目を付けたのはMV公開の「CHOOSE GO!」よりもこちらの「Fashionista」です。1~2月期ローテーション曲。

CHAI – N.E.O. [2017]

The Orielles – Bobbi’s Second World [2018/2019]英

UKウエストヨークシャー・ハリファックス出身のインディーズバンド、The Orielles(オリエレス)2019年1月リリース曲。BBC Radio 1&6にてヘビーローテンション☆

Vampire Weekend – Harmony Hall [2019]米
Vampire Weekend – 2021 [2019]米
細野晴臣 – TALKING [1984]日

NYのインディーロック・バンド、Vampire Weekendが待望のNEWシングル「Harmony Hall」「2021」の2曲を公開♪「Harmony Hall」は柔らかなメロディのリラックスしたナンバーで、「2021」では細野晴臣の楽曲をサンプリングし話題となっています。NEWアルバム「Father Of The Bride」も2019年内にリリース予定。

2021 原曲

無印良品の店内用BGMとして制作したアンビエントナンバーで、1984年発売のカセットブック「花に水」に収録。

細野晴臣 – TALKING あなたについてのおしゃべりあれこれ [1984]日

slowthai – Doorman [2018/2019]英

英ノーザンプトンを拠点に活動、“BBC Sound of 2019”の4位に選ばれた新進気鋭のラッパー slowthai (スロータイ) が、Mura Masa(ムラ・マサ)をプロデューサーに迎えた新曲を発表。Sleaford Modsにも通ずるパンクなナンバー。

Valeras – Intentions [2018/2019]英

邦楽ロックにも通じるセンチメンタルなメロディを持つUKののインディーロック・バンド Valeras(ヴァレラス)の12月リリース曲、BBC Radio 1 2019年ローテーション曲。

FIDLAR – By Myself [2019]米
FIDLAR – Can’t You See [2018/2019]米

LAのガレージ・バンド、FIDLAR(フィドラー)のヒット曲2選、共に2019年BBC Radio 1 ヘビロテ曲です。

Fontaines D.C. – Too Real [2018]アイルランド

アイルランド ダブリン出身の5人組インディーロック・バンド Fontaines D.C.(フォンテインズ・ディーシー)の2018年11月に公開された最新ナンバー。90年代のオルタナ、USインディーの影響を受けたサウンドはスリリング!ロックは死なず。日本では死んでるけどね。

RAT BOY – Don’t Hesitate [2019]英

2019年、1/25にNEWアルバム『Internationally Unknown』をリリースするRAT BOY(ラット・ボーイ)の新曲!プロデュースはなんとRancid(ランシド)のTim Armstrong(ティム・アームストロング)だってよ!

Unloved – Love [2018/2019]英

2018年の年末にリリースされたゴージャスでビッグバンドなサイケデリック・トリップ・ポップ!Unloved(アンラヴド)は、90年代にPrimal Scream(プライマル・スクリーム)などのリミックスを手掛けたDJ/プロデューサーのDavid Holmes(デヴィッド・ホルムズ)らによるユニット。60年代のサイケデリア、スウィンギン・ロンドンを彷彿とさせるMVに、気怠いヴィンセントのヴォーカルが最高!

King Princess – Pussy Is God (PiG)[2018]米

LAのシンガーソングライター、キング・プリンセス(略してキンプリ ※嘘です)のヒット曲、アレをモロに歌い上げた究極のLGBTソングです。放送コードに引っ掛かるので「PiG」のタイトルで表記されることになっています。BBC Radio 1 ヘビロテ。

Ibibio Sound Machine – Tell Me [2019]英

ロンドン生まれのナイジェリア系女性シンガー、Eno Williams(イーノ・ウィリアムズ)率いるアフリカン・ディスコ・バンド、Ibibio Sound Machineの新曲。イントロからケミカルの「Go」を思わせるエレクトロ・サウンド☆

Sunflower Bean – Come For Me [2018]米

サマソニ2016にも出演したNYブルックリン出身の3人組ロックバンド、Sunflower Bean(サンフラワー・ビーン)のポップでキャッチーなヘビロテ曲。2018年10月末リリース。

Bad Sounds – Are You High? [2017/2018]英
Bad Sounds – How Are You Gonna Lose? [2018]英

UKバース出身のエレクトロポップ/オルタナティブポップ/インディーファンク・バンド Bad Sounds(バッド・サウンズ)から2017年末公開&2018年を通してオンエアされた(というかBBC Radio 1 のロック系番組共通テーマになってしまった)曲「Are You High?」と2019年1~2月ローテーション曲「How Are You Gonna Lose?」の紹介です。

 

Anchorsong – Testimony [2018]日本

イギリスを拠点に活動するプロデューサー Anchorsong(アンカーソング)こと吉田雅昭は、BBCで度々取り上げられる日本人アーティスト。この曲では、インドの伝統的なパーカッションとエレクトロニック・サウンドが融合されているが、ワールド・ミュージックと異文化コミュニケーションしたサイケな楽曲が特徴。

Part 4 につづく

2019年最新洋楽ロックまとめ
« Pt.2 Pt.3 Pt.4 Pt.5 Pt.6 Pt.7 Pt.10

 

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • カテゴリー

  •  

    バンドTシャツ・ロックTシャツ店 BEATBOMB バンドTシャツ・ロックTシャツ専門店 ビートボム

    イベント情報







    チャート情報












    データベース






    情報サイト



























    レーベル・レコード会社






PAGE TOP ↑