Khruangbin(クルアンビン)※フジロック 2019 出演

公開日:  最終更新日:2019/04/09

バンドTシャツ特集

Khruangbin(クルアンビン)

アーティスト情報まとめ

読み方

クルアンビン

(※実際の英語ではクランビンの発音に近い。タイ語でEngine Fly=飛行機の意味、タイ語ではクルンビンの発音に近い)

インタビュアーとベーシスト、ローラ・リーの発音

 

詳細

Noisey – Khruangbin

アメリカ、テキサス州ヒューストンを拠点とするインディー・ロック・バンド。音楽的にはThai Funk(タイ・ファンク)をベースにゴスペルからヒップホップ、チルアウト系のバレアリック・ビートなどに影響を受けており、スーパーローファイなサウンド作りを特徴としている。2018年1月、2ndアルバム「Con Todo El Mundo」をリリース。

※ローファイ=Lo-Fi(Low-Fidelity):音楽のレコーディングの際の録音状態、録音技巧の一つで、極端にクリアではない録音環境を志向する価値観を指す

代表曲

Discogs – Khruangbin ディスコグラフィー

 

Khruangbin: NPR Music Tiny Desk Concert [2018]

(1) Maria También (2) August 10 (3) White Gloves

Khruangbin – A Calf Born In Winter [2014]

Khruangbin – White Gloves [2015]

2015年にBBC Radio 1 の夜間プログラムでローテーションプレイされ、クルアンビンの知名度を高めた名曲! バンドメンバー達にとっても最も思い入れの深い曲のはずです。

ヒューストンの片田舎に住む小さなバンドの曲を、華やかな番組の隅っこで根強くオンエアし続けた英国BBCの選曲DJ陣の審美眼に拍手!

幼少期の目線で白手袋をはめた気高い婦人の死を唄った幻想的な歌詞です。
…Bought me a rabbit. She was a queen. Wearing white gloves. But she kept ‘em clean. Classy Lady. …One day she was gone. She died in a fight….

Khruangbin – People Everywhere (Still Alive) [2015]

Khruangbin – Mr White [2015]

Khruangbin – Firecracker (YMO Cover) [2016]

こちらはYMOカバー!ですがそのまたオリジナルはマーティン・デニーです。

原曲:Yellow Magic Orchestra – Firecracker [1978]

そのまた原曲:Martin Denny – Firecracker [1959]

Khruangbin – Maria También [2017]

こちらは2018年にBBC Radio 1 の深夜時間帯、Chill系/ディガー系番組で頻繁にオンエアされた曲です。

Khruangbin – Friday Morning [2018]

Khruangbin – Cómo Me Quieres [2018]

Khruangbin – Evan Finds The Third Room [2018]

クルアンビンの知名度が上がってきてからの人気曲。

Khruangbin – Christmas Time Is Here [2018]

 

 

 

表記:クルンビン、他

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • カテゴリー

  •  

    バンドTシャツ・ロックTシャツ店 BEATBOMB バンドTシャツ・ロックTシャツ専門店 ビートボム

    イベント情報







    チャート情報












    データベース






    情報サイト




























    レーベル・レコード会社






PAGE TOP ↑