2020年最新洋楽ロックまとめ Part 6

公開日:  最終更新日:2020/11/08


洋楽ロックがオワコンなんてもう言わせない、2020年おすすめ最新曲の特集です。

 

 

2020年5月~7月度 洋楽ロック話題曲 BBC最新

Fontaines D.C. – Televised Mind [2020.7]アイルランド

2019年に高評価を獲得、7月31日にNewアルバムをリリースしたポストパンク・バンド、フォンテインズ D.C.より先行シングル第3弾! BBC Radio 1 ヘビロテ曲。

Biffy Clyro – Tiny Indoor Fireworks [2020.6]英

「Bubbles」「Wolves Of Winter」等のヒットで知られるスコットランド出身のロック・バンド、Biffy Clyro(ビッフィ・クライロ)より、BBC Radio 1 ヘビロテ曲。

YUNGBLUD – Strawberry Lipstick [2020.7]英

何でもアリの多動性オルタナロック・スター、YUNGBLUD(ヤングブラッド)よりオールドスクール・パンクへのノスタルジーも感じさせる新曲! BBC Radio 1 ローテーション曲。

Waco – Dark Before The Dawn [2020.6]英

ロンドンの4人組パンクバンド、Waco(ウェイコ)より、BBC Radio 1 ローテーション曲。

boy pablo – honey [2020.7]ノルウェー/チリ
boy pablo – hey girl [2020.5]ノルウェー/チリ

Cuco(クコ)と並ぶ南米のメロディーメイカー! ノルウェー出身のチリ人シンガーソングライター boy pablo(ボーイ・パブロ)ことパブロ・ムニョスより、BBC Radio 1 ローテーション曲x2。

FEVER 333 – SUPREMACY [2020.6]米

米カリフォルニア州イングルウッド出身のラップコア/ポストハードコア・バンド、FEVER 333(フィーバー・スリー・スリー・スリー)より、1980年ブロンディの有名曲「Rapture」をサンプリングした新曲! BBC Radio 1 ローテーション。

ラップを含んだ楽曲として音楽史上初めて全米No.1を獲得した歴史的ヒット。
Blondie – Rapture [1980]米

Sports Team – Camel Crew [2020.6]英

昨年よりヒットを連発しているロンドンの超絶ググりにくいインディーロック・バンド、Sports Team(スポーツ・チーム)より、Radio 1 ローテーション曲。

Jaden – Cabin Fever [2020.7]米

ウィル・スミスの息子 Jaden(ジェイデン)ことジェイデン・スミスより2019年7月末リリース曲、BBC Radio 1 オンエア曲。R&Bからパンクまでこなすマルチタレント!

Jean Dawson – Clear Bones [2020.6]米

メキシコ・ティファナ出身、LAを拠点とするシンガ―ソングライター/ラッパー、Jean Dawson(ジーン・ドーソン)より、BBC Radio 1 ローテーション曲。

Machine Gun Kelly – Bloody Valentine [2020.5]米

クリーブランド出身のラッパー、Machine Gun Kelly(マシン・ガン・ケリー)より、2000s Pop-Punk(ポップパンク)調の新曲! BBC Radio 1 ローテーション。

Lianne La Havas – Weird Fishes [2020.7]英

2007年 Radiohead(レディオヘッド)「Weird Fishes」のカバー!ロンドンのシンガーソングライター、Lianne La Havas(リアン・ラ・ハヴァス) 7月17日リリースのNewアルバムより、BBC Radio 1 ローテーション曲。

Radiohead – Weird Fishes [2007]英

Lynks Afrikka – How to Be Successful [2020.7]英

クィア・カルチャーから登場したブリストルのエレクトロミュージシャン、Lynks Afrikka(リンクス・アフリカ)より、BBC Radio 1 ローテーション曲。

 

Sprints – The Cheek [2020.7]アイルランド

動画から滲み出る下ネタ臭! ダブリンのポストパンク・バンド、Sprints(スプリンツ)より、BBC Radio 1 ローテーション。

The OBGMs – Not Again [2020.7]加
The OBGMs – Fight Song [2020.8]加

カナダ・トロントのパンクバンド、The OBGMs(ジ・オービージーエムズ=The oOohh Baby Gimme Mores)より、BBC Radio 1 ローテーション曲x2。

Bull – Green [2020.7]英

ヨークシャーの4人組インディーロック・バンド Bull(ブル)より、BBC Radio 1 ローテーション曲。 

J. Laser – Waves & Blades [2019]仏/米

フランス出身、米国LAを拠点とするエレクトロ・バンド M83(エム・エイティースリー)のメンバー Jordan Lawlor(ジョーダン・ロウラー)によるオルタナプロジェクト、J. Laser(Jレイザー)より2019年取りこぼし曲をBBC Radio 1 ローテーション。

Inhaler – Falling In [2020.5]アイルランド

U2のボノのを父に持つElijah Hewson率いるアイルランド・ダブリン出身のインディーロック・バンド Inhaler(インヘイラー)より、BBC Radio 1 ローテーション曲。

HONNE – no song without you [2020.6]英

日本でも人気の高いロンドンのエレクトロポップ・デュオ、HONNE(ホンネ)より6月リリースの美メロな新曲! BBC Radio 1 ローテーション。もちろんバンド名は日本語の「本音」からです。2016年の名曲「3am」とセットで!

HONNE – 3am [2016]英

Svalbard – Open Wound [2020.7]英

ブリストルのポストハードコア/ブラックメタル・バンド、Svalbard(スヴァルバード)より、BBC Radio 1 ローテーション曲。

Josh Vine – How Many Times [2020.6]英

ロンドンを拠点とするシンガーソングライター Josh Vine(ジョシュ・ヴァイン)の新曲は、Sam Fender + Nothing But Thieves と評されるナンバー。

Courting – David Byrne’s Badside [2020.5]英

リヴァプールの4ピースバンド、Courting(コーティング)の新曲「デヴィッド・バーンの悪いとこ」。 と言ってもトーキング・ヘッズと関連するような事は歌っておらず、英国のカジュアルな人種差別主義について皮肉った歌となっています。BBC Radio 1 & 6 ローテーション。

 

LOWLIVES – BONES [2020.5]米

米国LAのグランジ/オルタナティブロック・バンド、LOWLIVES(ロウライブス)より、BBC Radio 1 ローテーション曲。

IDLES – GROUNDS [2020.6]
IDLES – Mr.Motivator [2020.5]英

ポストパンク・リバイバルの旗手、UKブリストルのIDLES(アイドルズ)より、BBC Radio 1 ヘビロテ曲x2。

The Mysterines – I Win Every Time [2020.5]英

UKリヴァプールのインディー/ガレージロック・トリオ、The Mysterines(ザ・ミステリンズ)の新曲はやさぐれガレージ・グランジなナンバー。MVでのヴォーカルのリア嬢のパンティーはもっとSEXYなのプリーズ!w BBC Radio 6 ローテーション。

Crack Cloud – Ouster Stew [2020.5]加

カナダはバンクーバーのポストパンク集団、Crack Cloud (クラック・クラウド) の新曲はXTCばりのヒネクレ・ナンバー。MVも合わせてお楽しみ下さい。BBC Radio 6 ローテ曲。

Phoebe Bridgers – I See You [2020.5]米

LA出身の女性SSW、Phoebe Bridgers(フィービー・ブリッジャーズ)より、BBC Radio 1 ローテーション曲。

KennyHoopla – plastic door// [2020.5]米
KennyHoopla – how will i rest in peace if i’m buried by a highway?// [2020.2]米

米ウィスコンシンを拠点とするシンガーソングライター、KennyHoopla(ケニーフープラ)2月にリリースしたデビューEP『how will i rest in peace if i’m buried by a highway?//』から2曲。タイトル曲は、Bloc Partyっぽい? BBC Radio 6 ローテーション。

Laura Marling – Strange Girl [2020.5]英

UKバークシャー出身の女性SSW、Laura Marling(ローラ・マーリング) 4月にリリースされたNEWアルバム『Song For Our Daughter』からのナンバー。BBC Radio 6 ローテ曲。 

Khruangbin – Time (You and I) [2020.4]米
Khruangbin – So We Won’t Forget [2020.5]米

タイ・ファンクをベースにした米ヒューストン出身のインディーロック・バンド、Khruangbin(クルアンビン)から6月26日にリリースしたNewアルバム「Mordechai」より、BBC Radio 1 ローテーション曲。

The Luka State – Feel It [2020.5]英

UKウィンスフォード発の4人組インディーロック・バンド、The Luka State(ザ・ルカ・ステイト)の新曲。

Chrome – Go! [2020.5]英

英ノリッジの白人ラッパー Chrome(クローム)の新曲MVが公開されている。このMVは、コロナ禍によるロックダウンの中、彼の妻が撮影し手作りで作られた。オールドスクールなオッサン・ラップとDIY溢れる愛すべきナンバーだ。

Creeper – Be My End [2020.6]英

現在英国で最もメロディックかつポップ性の高いバンドの1つ、サウサンプトンのホラーパンク/エモバンド Creeper(クリーパー)より BBC Radio 1 ローテーション曲。

Muck Spreader – Carnal Tongues [2020.7]英

サウスロンドンのエクスペリメンタル・ロックバンド Muck Spreader(マック・スプレッダー)より、BBC Radio 1 ローテーション曲。

Khruangbin – Pelota [2020.6]米

タイ・ファンクをベースにした米ヒューストン出身のインディーロック・バンド、Khruangbin(クルアンビン)から6月26日にリリースしたNewアルバム「Mordechai」より、BBC Radio 1 ローテーション曲。

Bilk – I Got Knocked out the Same Night England Did [2020.5-6]英

UKエセックス・チェルムスフォードのインディーロック・バンド、Bilk(ビルク)より、BBC Radio 1 ローテーション。 

Buzzard Buzzard Buzzard
  – Hollywood Actors [2020.4]英
  – Love Forever [2019.11]英

70s初期のグラムロックの影響を色濃く受けたUKカーディフ出身のグラムロック・バンド、Buzzard Buzzard Buzzard(バザード・バザード・バザード)より、BBC Radio 1 ローテーション曲。 11月の佳曲とセットで!

twenty one pilots – Level of Concern [2020.4]米

アメリカ合衆国オハイオ州出身のロックデュオ、twenty one pilots(トゥエンティ・ワン・パイロッツ)よりインディーポップ仕立ての新曲! BBC Radio 1 ヘビーローテーション。

NOBRO – Don’t Die [2020.4]加
NOBRO – Marianna [2020.1]加

カナダ・モントリオールのガールズバンド、NOBRO(ノーブロ)より、BBC Radio 1 ローテーション。

Arlo Parks – Black Dog [2020.5]英
Arlo Parks – Eugene [2020.2]英

サウスロンドンのシンガーソングライター/詩人 Arlo Parks(アーロ・パークス)より、BBC Radio 1 & 6 ローテーション曲x2。

The Lovely Eggs – Still Second Rate [2020.3]英

UKランカスターのアンダーグラウンドパンクデュオ、The Lovely Eggs(ザ・ラブリー・エッグス)より、BBC Radio 1 ローテ曲。

Declan McKenna – The Key to Life on Earth [2020.4]英

2015年の名曲「Brazil」を生んだUKロンドンのシンガーソングライター、Declan McKenna(デクラン・マッケンナ)より、BBC Radio 1 ヘビロテ曲。

Joesef – The Sun is Up Forever [2020.5]英

UKグラスゴー出身のオルタナティブジャズ・アーティスト、Joesef(ジョーセフ)より、BBC Radio 1 ヘビロテ曲。

The 1975 – Guys [2020.5]英
The 1975 – If You’re Too Shy (Let Me Know) [2020.4]英

UKロックバンド The 1975より5月の新曲! BBC Radio 1 ヘビロテ。80sアメリカン・ポップロック調の4月リリース曲とセットで。

Youth Sector – No Fanfare [2020.3]英

ブライトンのインディーロックバンド Youth Sector(ユース・セクター)より、BBC Radio 1 ローテーション曲。

Will Joseph Cook – Driverless Cars [2020.5]英

UKタンブリッジウェルズのシンガーソングライター Will Joseph Cook(ウィル・ジョセフ・クック)より、BBC Radio 1 ローテーション曲。

Lime Cordiale – Money [2020.1]豪

シドニーのポップロック・デュオ、Lime Cordiale(ライム・コーディアル)よりBBC Radio 1 取りこぼしピックアップ、6月ローテーション曲。

Sea Girls – Do You Really Wanna Know? [2020.5]英

UKロンドンのインディー・ポップロック・バンド、Sea Girls(シー・ガールズ) より、BBC Radio 1 ヘビロテ曲。

Jacknife Lee – I’m Getting Tired with Beth Ditto and Earl St. Clair [2020.5]アイルランド

U2、The Cars、R.E.M.、Weezer、Blur、Radiohead、Eminem、Kraftwerk、New Order、Kasabian、Missy Elliott、Catfish and the Bottlemen、Taylor Swiftなどを手掛けてきた音楽プロデューサー/ミキサー、Jacknife Lee(ジャックナイフ・リー)より、BBC Radio 1 ローテーション曲。

Charlotte Rose Benjamin – Autopilot [2020.5]米

ニューヨークのシンガーソングライター、Charlotte Rose Benjamin(シャーロット・ローズ・ベンジャミン)より、BBC Radio 1 ローテーション曲。

SAULT – Wildfires [2020.6]

Neo-Soul(ネオソウル)トリオとだけわかっているミステリアスなバンド、SAULT(ソー)が6月にリリースしたNewアルバム『UNTITLED (Black Is)』より、BBC Radio 1 ローテーション曲。

Lauran Hibberd – Old Nudes [2020.4]英

ワイト島出身のシンガーソングライター Lauran Hibberd(ローラン・ヒバード)よりFuzzの効いたグランジ・ポップな新曲! BBC Radio 1 ローテーション。

Weezer – Hero [2020.5]米

90年代ロックを代表する米国LAのオルタナティブロック/パワーポップ・バンド、ウィーザーより5月リリース、BBC Radio 1 ローテ曲。

Hi Frisco – Gold [2020.6]英

ロンドンのインディーサイケ・デュオ、Hi Frisco(ハイ・フリスコ)より、BBC Radio 1 ローテーション曲。

Dream Wife – So When You Gonna… [2020.5]英

ロンドンの女性3人組ポップパンク・バンド、Dream Wife(ドリーム・ワイフ)より、BBC Radio 1 ローテーション曲。

The Snuts – Elephants [2020.6]英

UKウェストロージアン出身のインディーロックバンド The Snuts(ザ・スナッツ)より、BBC Radio 1 ローテーション曲

HAIM – Don’t Wanna [2020.5]米

米国カリフォルニアの姉妹ガールズバンド、HAIM(ハイム)から5月リリース曲、BBC Radio 1 ヘビロテ。

Nova Twins – Taxi [2020.2]英

ロンドンのオルタナロック・デュオ、Nova Twins(ノヴァ・ツインズ)より、BBC Radio 1 ロングプレイ曲。

Bring Me The Horizon – Parasite Eve [2020.6]英

ブリング・ミー・ザ・ホライズン 6月末リリース曲。BBC Radio 1 ヘビーローテーション。

Gerard Way feat. Judith Hill – Here Comes the End [2020.7]米

昨年再結成を発表した My Chemical Romance(マイ・ケミカル・ロマンス)のヴォーカル ジェラルド・ウェイより、イントロからヴェルヴェッツな新曲! BBC Radio 1 ローテーション曲。

Punkband – Businessman [2020.6]英

UKのパンクバンド、パンクバンドより… ほらっ説明おかしくなるでしょ、超絶ググりにくいし…こんなバンド名もうやめてぇっ!! BBC Radio 1 ローテーション曲。

Narrow Head – Night Tryst [2020.6]米
Narrow Head – Stuttering Stanley [2020.1]米

テキサス・ヒューストンのグランジロック・バンド、Narrow Head(ナロー・ヘッド)より、6月の新曲とシューゲイザー調の取りこぼし曲。BBC Radio 1 ローテーション。

Panic Shack – Jiu Jits You [2020.5]英

カーディフのガールズパンク・バンド、Panic Shack(パニック・シャーク)より、BBC Radio 1 ローテーション曲。

Best Coast – Different Light [2020.2]米

LAのサーフポップ・バンド、Best Coast(ベスト・コースト)より、BBC Radio 1 ローテーション曲。

Apre – Live It Up [2020.6]英

ロンドンのインディーポップ・バンド、Apre(アプレ)より、BBC Radio 1 ロングプレイ曲。

METZ – A Boat to Drown In [2020.7]加

カナダ・トロントのノイズロック/ガレージパンク・バンド、METZ(メッツ)より、BBC Radio 1 ローテーション曲。

Wargasm – Spit [2020.6]英
Wargasm – LAPDANCE [2020.2]

ロンドンのニューメタル/パンク・バンド、Wargasm(ウォーガズム)より、N*E*R*Dのカバーを含むBBC Radio 1 ローテーション曲x2。

 

 

 

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • カテゴリー

  •  

  •  

    広告掲載のご依頼はこちら

     

    イベント情報








    チャート情報











    データベース







    情報サイト


























    レーベル・レコード会社






PAGE TOP ↑