2020年最新洋楽ロックまとめ Part 4

公開日:  最終更新日:2020/07/04


洋楽ロックがオワコンなんてもう言わせない、2020年おすすめ最新曲の特集です。

 

 

2020年2月~4月度 洋楽ロック話題曲 BBC最新

ビッグネーム・バンドの減少と引き換えにむしろ全体のボリュームは膨らんでおり、放送メディア全体で邦楽偏重の傾向を強める日本においてはトレンドの把握がますます困難になっている洋楽ロック部門! オルタナ(グランジ含む)/インディー/パンク(ポストパンク含む)/サイケ(ドリームポップ含む)/ガレージ(サーフ含む)/エレクトロ(ニューウェイヴ含む)をメインストリームとして未だかつてない勢いで良曲がリリースされているロックの現状を反映したBBCセレクション+α の話題曲集です。

The Magic Gang – Think [2020.2]英

UKブライトンのインディーロック・バンド、The Magic Gang(ザ・マジック・ギャング)より、2月にリリースしたThe Style Council(スタイル・カウンシル)風のヘビロテ曲!

DMA’S – Life is a Game of Changing [2020.1]豪
DMA’S – Your Low [2014]豪

オーストラリア・シドニーのオルタナ/インディー・バンド、DMA’s(ディーエムエーズ)より、BBC Radio 1 ローテーション曲。2014年の隠れ名曲「Your Low」とセットで!

Papur Wal – Meddwl am Hi [2020.2]英

UKカーディフのLo-Fi/インディーロックバンド Papur Wal(パペール・ワル ※)より、BBC Radio 1 ローテ曲。(※ウェールズ語の発音、Wall Paperの意)

LA Priest – What Moves [2020.1]英

UKダンスパンク・バンド Late of the Pier(レイト・オブ・ザ・ピア)のフロントマン、サム・ダストによるプロジェクト LA Priest(ラ・プリースト)より、BBC Radio 1 ローテ曲。

Stand Atlantic – Shh! [2020.2]豪

シドニーのオルタナティブロック/ポップパンク・バンド、Stand Atlantic(スタンド・アトランティック)より、BBC Radio 1 ローテ曲。

The Chats – The Clap [2020.1]豪

Annie Macもお気に入りのオーストラリアの3ピース・ガレージパンク/パブパンク・バンド、The Chats(ザ・チャッツ)より、BBC Radio 1 ローテ曲。

Sports Team – Here’s The Thing [2020.2]英

UKロンドンの超絶ググりにくいインディーロック・バンド、Sports Team(スポーツ・チーム)より、Radio 1 ローテ曲♪ 

Oscar Jerome – Sun For Someone [2020.2]英

UKジャズシーンの新星シンガーソングライター/ギタリスト、Oscar Jerome(オスカー・ジェローム)より、BBC Radio 6 ローテ曲。

Thundercat – Dragonball Durag [2020.2]米

Thundercat(サンダーキャット)が盟友Flying Lotus(フライング・ロータス)との共同プロデュースで、2020年4月にリリースするNEWアルバム『It Is What It Is』からの先行シングル第二弾“ドラゴンボールのバンダナ”。サンダーキャットのドラゴンボール愛が反映されたユニークなナンバー。ちなみに、ドランゴンボールのタトゥーを入れてるそうです。

Real Estate – Paper Cup (ft. Sylvan Esso) [2020.1]米

ブルックリンを拠点とするインディーロック・バンド Real Estate(リアル・エステート)がダーラムのエレクトロニックポップ・デュオ Sylvan Esso(シルヴァン・エッソ)をフィーチャーした新曲をリリース。BBC Radio 6 ローテ曲。

RALPH TV – Loverboy [2019.11]英
RALPH TV – Maybe That’s Why [2020.3]英

UKブライトン出身のドリームポップ・バンド、RALPH TV(ラルフ・ティーヴィー)より、BBC Radio 1 ローテ曲x2。

The Streets (ft. Tame Impala) – Call My Phone Thinking I’m Doing Nothing Better [2020.4]英

The Streets(ザ・ストリーツ)ことMike Skinner(マイク・スキナー)7月リリース予定の10年ぶりの新作『None Of Us Are Getting Out Of This Life Alive』はミックステープで、そこからTame Impala(テーム・インパラ)をフィーチャーした先行シングル。BBC Radio 6 ローテ曲。

Fiona Apple – I Want You To Love Me [2020.4]米
Fiona Apple – Cosmonauts [2020.4]米
Fiona Apple – Shameika [2020.4]米

Fiona Apple(フィオナ・アップル)が4月に8年ぶりのNEWアルバム『Fetch The Bolt Cutters』をリリースし、ピッチフォークで10点満点の評価を得て話題となっている。(10点満点は、Kanye Westの『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』以来10年ぶり!)もはやトム・ウェイツの域のこの新作から印象的な3曲をご紹介。

フジロック2020出演予定
The Strokes – Bad Decisions [2020.2]米
The Strokes – At The Door [2020.2]米

待ってました!The Strokes(ザ・ストロークス)の新曲2曲のMVが公開されました。7年ぶり待望のNEWアルバム『The New Abnormal』が2020年4月にリリースされます。「Bad Decisions」はストロークス節健在でニンマリ♪

NZCA LINES – Pure Luxury [2020.4]英

ロンドンを拠点とするマルチ奏者 Michael Lovett (マイケル・ラベット)のシンセポップ/ソロ・プロジェクト、NZCA Lines (ナスカ・ラインズ) 4月リリースの4年ぶりのNEWシングル。BBC Radio 1 & 6 ローテ曲。

 

Cabbage – You’ve Made An Art Form (From Falling To Pieces) [2020.3]英

英マンチェスターの5人組ポストパンク・バンド Cabbage (キャベッジ) 9月リリースの2ndアルバム『Amanita Pantherina』からの先行シングル。

The Avalanches (ft. Blood Orange) – We Will Always Love You [2020.2]豪

オーストラリアのサンプリングを駆使して音楽を制作するエレクトロニックミュージックグループ、The Avalanches(ジ・アヴァランチーズ)の新曲はBlood Orange(ブラッド・オレンジ)をフィーチャー。Smokey Robinson & The Miracles(スモーキー・ロビンソン&ザ・ミラクルズ)の「I’ll Take You Any Way That You Come」とThe Roches(ザ・ローチェス)の「Hammond Song」の2曲をサンプリング。

Fold – Concrete Things [2020.3]英

英リーズの4人組ダウンテンポ/エレクトロニカ・バンド、Fold(フォールド)の新曲は、アメリカ初の黒人女性劇作家 Lorraine Hansberry(ロレイン・ハンズベリー)に捧げたナンバー。ロレインの肉声をサンプリングした楽曲は、アヴァランチーズやステレオラブを彷彿させる名曲!3/21、Radio 6のDJ ヒューイ・モーガンによって世界初オンエア。

Melt Yourself Down – Crocodile [2020.2]英

ロンドンを拠点とするミクスチャーバンド Melt Yourself Down(メルト・ユアセルフ・ダウン)のスリリングな新曲!BBC Radio 6 ローテ曲。

Josie Man – 4 in a Row [2020.4]英
Josie Man – Colours [2019.11]英

UKサウスロンドンのシンガー、Josie Man(ジョシー・マン)より4月のBBC Radio 1 ローテ曲と昨年末リリース曲をセットで。

 

The Snuts – Coffee & Cigarettes [2020.3]英

UKウェストロージアン出身のインディーロックバンド、The Snuts(ザ・スナッツ)より、BBC Radio 1 ローテ曲。

Gotts Street Park – Favourite Kind Of Girl [2020.3]英

UKリーズ出身のオルタナティブジャズ/ヒップホップ・バンド、Gotts Street Park(ガッツ・ストリート・パーク)より、BBC Radio 1 ローテ曲。

The Cool Greenhouse – The Sticks [2020.3]英

ロンドンを拠点とするポストパンク・バンド、Tom Greenhouse 率いるThe Cool Greenhouse(ザ・クール・グリーンハウス)2020年5月にリリースされるデビューアルバム『The Cool Greenhouse』からの先行シングル。

Dirty Projectors – Overlord [2020.2]米

David Longstreth(デイヴ・ロングストレス)率いるNYブルックリンのインディーロック/アートロック・バンド、Dirty Projectors (ダーティー・プロジェクターズ) の新曲は、3月リリースのEP『Windows Open』からのナンバー。ヴォーカルはギターのMaia Friedman(マイア・フリードマン)で、その声質もあってかジョニ・ミッチェルの名曲「Both Sides Now」の現代版ともいえるナンバー。BBC Radio 6 ローテ曲。

JARV IS… – House Music All Night Long [2020.3]英

Pulp(パルプ)のフロントマン、Jarvis Cocker(ジャーヴィス・コッカー)による新バンド、Jarv Is…(ジャーヴ・イズ)の新曲は、House Music All Night Long!!ハウスじゃないけどねw 自宅で自粛してる方、朝までゆるーく踊ってみるのもいいかも♪ BBC Radio 6 ローテ曲。

Public Practice – Compromised [2020.2]米

ポストパンク/ノーウェイブ・バンド WALLとインディーポップ・バンド Beverlyのメンバーから成る 米ブルックリンを拠点とするインディーロック/ポストパンク・バンド Public Practice(パブリック・プラクティス)5月リリースのデビューアルバム『Gentle Grip』からの先行シングル。

AKA George – Bad For You [2020.3]英
AKA George – Up All Night [2020.2]英

イースト・ロンドンを拠点とするマルチ奏者 AKA George(エーケーエー・ジョージ)の新曲2曲。The 1975っぽかったり、ガレージロックだったりとギターリフがイカすしヴォーカルもいいね!

Ed The Dog – Everybody, I Love You [2020.3]英

UKのギターポップバンドFish Tankの元フロントマン、Ed The Dog(エド・ザ・ドッグ)ことEd Wetenhall の宅録ロック! BBC Radio 1 ローテ曲。

The Cornshed Sisters – In My House [2020.4]英

英タイン・アンド・ウィア出身の女性4人組フォークポップ・グループ、The Cornshed Sisters(ザ・コーンシェッド・シスターズ)のNEWシングル。

Pottery – Texas Drums Pt I [2020.2]加

カナダのモントリオールを拠点とするオルタナ/ガレージ・バンド Pottery(ポッタリー)6月リリースのデビューアルバム『Welcome to Bobby’s Motel』からのライブで大盛り上がりしそうなナンバー!相変わらずのオモシロMVですw

Bright Eyes – Persona Non Grata [2020.3]米

Conor Oberst(コナー・オバースト)率いるアメリカのインディーロック・バンド、Bright Eyes(ブライト・アイズ)2011年以来9年ぶりの新曲!相変わらずアク強めの声で言葉を紡ぎ、バグパイプがアクセントになっているナンバー。BBC Radio 6 ローテ曲。

Orlando Weeks – Safe in Sound [2020.2]英

2017年に解散した英ブライトンのインディーロック・バンド The Maccabees (ザ・マカビーズ)のフロントマン、Orlando Weeks(オーランド・ウィークス)のソロ・デビュー曲。そのサウンドスケープがシカゴ音響派やガスター・デル・ソルなどのポストロック。

Róisín Murphy – Murphy’s Law [2020.3]英

元MOLOKO(モロコ)の女性SSW、Roisin Murphy(ロイシン・マーフィー)が見た目グラムロッカー!?に変貌を遂げて放ったディスコ・リバイバルなナンバー!BBC Radio 6 ローテ曲。

Squid – Sludge [2020.3]英

英ブライトンの5人組ポストパンク・バンド、Squid(スクイッド)の新曲はWARPと契約後初のシングル。今回もDan Carey プロデュースです。BBC Radio 6 ローテ曲。

All We Are – Bad Advice [2020.3]英

英リヴァプールを拠点とするインディーポップ/ポストパンク・トリオ、All We Are(オール・ウィー・アー)2月リリースのNEWシングル。BBC Radio 6 ローテ曲。

The Allergies – Felony [2020.3]英

英ブリストル発 DJ MoneyshotとRackabeatからなるビートメイカーコンビ、The Allergies(ジ・アレジーズ)の新曲はUgly DucklingのAndy Cooperと女性シンガー Marietta Smithをフィーチャー!BBC Radio 6 ローテ曲。

Car Seat Headrest – Martin [2020.3]英

Will Toledo(ウィル・トレド)率いるUSインディーロック・バンド、Car Seat Headrest(カー・シート・ヘッドレスト)5月に4年ぶりにリリースされるNEWアルバム『Making A Door Less Open』からのウィル本人もお気に入りのポップ・ナンバー。BBC Radio 6 ローテ曲。

Cornershop – Highly Amplified [2020.3]英
Cornershop – Brimful Of Asha(Norman Cook Mix)[1998.2]英

インド系イギリス人Tjinder Singh(ティジンダー・シン)とBen Ayres(ベン・エアーズ)を中心とした英インディーロック・バンド Cornershop(コーナーショップ)3月に8年ぶりにリリースされたNEWアルバム『England Is a Garden』からのナンバー。BBC Radio 6 ローテ曲。

Dixie Chicks – Gaslighter [2020.3]米

米テキサスはダラスの女性カントリー・トリオ、Dixie Chicks(ディクシー・チックス)14年ぶりの新曲はめちゃエネルギッシュなナンバー!抜群のハーモニーも健在。ピッチフォークの”BEST NEW MUSIC”に選出。

Sorry – More [2020.1]英

UKノース・ロンドンの4人組インディーロック・バンド Sorry(ソーリー)3月にリリースされたデビューアルバム『925』からのナンバー。MVは映像作家/フォトグラファーのJasper Cable-Alexanderが手掛けている。

The Blinders – Forty Days And Forty Nights [2020.2]英

英ドンカスターのオルタナロック・トリオ、The Blinders(ザ・ブラインダーズ)5月リリースのNEWアルバム『Fantasies Of A Stay At Home Psychopath』からの先行シングル。

LIFE – Switching On [2020.3]英

英キングストン・アポン・ハルのオルタナロック・バンド、Life(ライフ)3月にリリースされたNEWシングル。ググりにくいバンド名だが、現在UKで最高のギターバンドの一つ!

Monty Taft – Sacrifice [2020.4]英

英バーミンガムのシンガーソングライター、Monty Taft(モンティ・タフト)の新曲。

Nadine Shah – Ladies For Babies (Goats For Love) [2020.2]英

ロンドンを拠点に活動する女性SSW、Nadine Shah(ネイディン・シャー)の2020年6月にリリースされるNEWアルバム『Kitchen Sink』からの先行シングル。新曲もクールでデカダンスだが、この暗さがクセになる。BBC Radio 6 ローテ曲。

Pozi – Whitewashing [2020.3]英

英ロンドンの3人組ポストパンク・バンド Pozi(ポジ)NEWシングル『176』EPからのナンバー。主張し過ぎないヴァイオリンがいいアクセントになっています。BBC Radio 6 ローテ曲。

Emma-Jean Thackray – Movementt [2020.3]英

ロンドンを拠点とする新世代UKジャズ期待のトランぺッター/マルチ奏者 Emma-Jean Thackray(エマ・ジーン・サックレイ)自身が立ち上げた新レーベル”Movementt”からリリースしたEP「Rain Dance」からのナンバー(レーベル名と同じ!)。BBC Radio 6 ローテ曲。

Phoebe Bridgers – Garden Song [2020.2]米

LA出身の女性シンガーソングライター、Phoebe Bridgers(フィービー・ブリッジャーズ)より、BBC Radio 1 ローテーション、米チャート上昇曲。

Brother Zulu – Lights [2020.4]英

ロンドンを拠点とするジャズ/ソウル/ファンク・バンド、Brother Zulu(ブラザー・ズールー)の新曲。ピアニストでフルート奏者のLawrence AjadiとSSWのMax Tuohyを中心に極上のフューチャーソウルを奏でる。

Bessie Turner – Donkey [2020.2]英

UKサフォーク出身のシンガーソングライター、Bessie Turner(ベシー・ターナー)のNEWシングルは、インディーポップ・ソングの佳曲。昨年2019年の「Down 2」も名曲でした。

Tim Burgess – Empathy for the Devil [2020.2]英

The Charlatans(ザ・シャーラタンズ)のTim Burgess(ティム・バージェス)5月リリースのソロ・アルバム『I Love The New Sky』からのナンバー。

Do Nothing – Fits [2020.2]英

UKノッティンガムの出身のポストパンク/インディーロック・バンド、Do Nothing(ドゥー・ナッシング)4月にリリースされた「Zero Dollar Bill」EPからの先行シングル。BBC Radio 6 ローテ曲。

Kelly Lee Owens – Melt! [2020.2]英

2017年にリリースしたデビューアルバムやJon Hopkinsとのコラボ曲が称賛された ロンドンを拠点とするテクノ・プロデューサー Kelly Lee Owens (ケリー・リー・オーウェンス) 5月リリースの2ndアルバム『Inner Song』からの先行シングル。ピッチフォークの”BEST NEW MUSIC”に選出された。

Blake Mills – Vanishing Twin [2020.3]米

ロスを拠点とするソングライター/ギタリスト/音楽プロデューサー/作曲家、Blake Mills(ブレイク・ミルズ)5月リリースの新作『Mutable Set』からの先行シングル。ミルズは、Fiona Apple, HAIM, Alabama Shakes, Perfume Genius, Phoebe Bridgers, Julian Casablancas, Sky Ferreira, Nora Jones, Weezer他のサポートや作品に携わっている。

Jessie Ware – Spotlight [2020.2]英

ロンドンの女性シンガーソングライター Jessie Ware (ジェシー・ウェア) 6月にリリースされるNEWアルバム『What’s Your Pleasure?』からのシングル・カット。

 

 

 

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • カテゴリー

  •  

  •  

    広告掲載のご依頼はこちら

     

    イベント情報








    チャート情報











    データベース







    情報サイト


























    レーベル・レコード会社






PAGE TOP ↑