Tame Impala(テーム・インパラ)※サマソニ 2018 出演

公開日:  最終更新日:2019/04/10

海外・国内スター バンドTシャツ特集

アーティスト情報まとめ

読み方

テーム・インパラ

※実際は「テイム・インパーラ」と発音する。日本では省略して「インパラ」と呼ぶことも。

詳細

Tame Impala|テーム・インパラ 日本公式サイト

Tame Impala – Tame Impala AU

オーストラリアはパース出身の5人組サイケデリック・ロックバンド。フロントマンでギターヴォーカルのKevin Parker(ケヴィン・パーカー)のソロ・プロジェクトとしてスタート。60年代後半のサイケデリック・ロックを現代に昇華したサウンドを特徴とする。2010年にデビュー・アルバム『Innerspeaker』をリリース。その後リリースされたアルバム『Lonerism 』(2012年)、『Currents』 (2015年)は、NMEの年間ベスト・アルバムで共に第1位、ピッチフォークの年間ベスト・アルバムではそれぞれ第4位、第5位と他の主要音楽メディアでも高評価を得た。現在、最高峰のロックバンドの一つである。

 

代表曲

Discogs – Tame Impala ディスコグラフィー

Tame Impala – Borderline [2019]

Tame Impala – Patience [2019]

インパラの世界的人気を決定づけた美メロソング。

Theophilus London feat. Tame Impala – Whiplash [2019]

Theophilus London – ONLY YOU feat. Tame Impala [2018]

NYブルックリンのトリニダードトバゴ人、セオフィラス・ロンドンとのコラボヒット。サード・ワールドやエディ・グラントが活躍した80s前半のレゲエディスコ・サウンドを再現してしまった異色の楽曲。

Tame Impala – The Less I Know The Better [2016]

2019年の現在でもよくオンエアされる曲です。

Tame Impala – Eventually [2015]

Tame Impala – Disciples [2015]

Tame Impala – The Moment [2015]

Tame Impala – ‘Cause I’m A Man [2015]

2019年の現在でもよくオンエアされる曲です。

Tame Impala – Let It Happen [2015]

テーム・インパラの知名度を一気に引き上げた大ヒット曲!

Tame Impala – Mind Mischief [2012]

Tame Impala – Feels Like We Only Go Backwards [2012]

Tame Impala – Elephant [2012]

Tame Impala – Why Won’t You Make Up Your Mind? [2011]

Tame Impala – Expectation [2010]

Tame Impala – Lucidity [2010]

Tame Impala – Solitude is Bliss [2010]

Tame Impala – Sundown Syndrome [2009]

Tame Impala – Half Full Glass Of Wine [2008]

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • カテゴリー

  •  

    バンドTシャツ・ロックTシャツ店 BEATBOMB バンドTシャツ・ロックTシャツ専門店 ビートボム

    イベント情報







    チャート情報












    データベース






    情報サイト




























    レーベル・レコード会社






PAGE TOP ↑