6ix9ine(シックスナイン) / Tekashi69(テカシ・シックスナイン)

公開日:  最終更新日:2018/05/21

海外・国内スター バンドTシャツ特集

アーティスト情報まとめ

読み方

シックスナイン (テカシ・シックスナイン)

インタビューと本人の発音

詳細

1996年生まれ、ブルックリンに拠点を置く新世代ラッパー。メキシカンの母とプエルトリカンの父の間に生まれる。別名:Teka$hi69(Tekashi69)、本名:Daniel Hernandez(ダニエル・ヘルナンデス)。以前はWallah Dan(ワラ・ダン)と名乗っていた。レインボーカラーのヘアーとグリル(歯の上につけるアクセサリー)というヴィジュアルだけでもインパクト大だが、名前から想像できるように、性的タブーのイメージを逆説的に訴えるスタイルだとみられる。実際に未成年者への性的行為など猥雑でタブーを冒し警察に世話になるなど、ダーティーでクレイジーな行動が話題に。素行は別にして、音楽的にもインパクトを与えられるかは未知数。


 

代表曲

Discogs – Tekashi 69 ディスコグラフィー
Discogs – Tekashi69 ディスコグラフィー

6IX9INE – KEKE (ft. A Boogie Wit Da Hoodie & Fetty Wap) [2017]

6IX9INE – Kooda [2017]

代表曲、ガンモ

6IX9INE – GUMMO [2017]

「何やねんコイツ」的な怖いモノ見たさをくすぐるキワモノラッパー!それこそがヤリ過ぎ少年の必勝サクセス術でした。曲はTrapベースのラップソングで「ニガニガ」言い過ぎてる曲のようですが周りの黒人さんは怒っていないのできっと問題ないのでしょう。

2001年の日本アニメ「ヘルシング」を使用したPV
6IX9INE – Hellsing Station [2016]

6IX9INE – YOKAI [2016]

 

 

表記誤り:Takeshi69、タカシシックスナイン、タケシ69、シックスティナイン、他

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑