Lack Of Afro(ラック・オブ・アフロ)

公開日:  最終更新日:2018/03/22

アーティスト情報まとめ

読み方

ラック・オブ・アフロ

詳細

Lack of Afro – 公式サイト

本名:Adam Gibbons。UKの音楽プロデューサー、マルチ・インストゥルメンタリスト、DJ。楽曲スタイルはエレクトロ、ディープ・ファンク。Nothern Soul(ノーザン・ソウル)をベースにしたブレイクビーツ等の制作が多く、リミックスワークとバンド演奏の両方を行う。

 

代表曲

Discogs – Lack Of Afro ディスコグラフィー

Lack of Afro – All My Love (feat. Juliette Ashby) [2016]


Lack of Afro – Missing Me (feat. Jack Tyson-Charles) [2014]


Lack of Afro – Recipe for Love (feat. Jack Tyson-Charles) [2014]


Lack Of Afro – The Importance of Elsewhere [2011]


Lack Of Afro – P.A.R.T.Y Feat. Wax & Herbal T [2011]


Lack of Afro – Together At Last [2009]


Lack of Afro – The Basis [2009]


Lack of Afro – Rusty [2007]


Lack Of Afro – When The Sun Goes Down [2007]


Lack of Afro – Touch My Soul feat. Steve Marriott [2007]


Lack Of Afro – Roderigo [2007]

 

キラーチューン、The Outsider

Lack Of Afro – The Outsider [2007]

The Outsider 原曲

Big Tom – No Thank You Mr Pusher

 

グロリア・アン・テイラーの名曲ネタ、Where It’s At

Lack of Afro – Where It’s At [2007]

Where It’s At 原曲

元ネタはグロリア・アン・テイラーの1973年のシングル「Gloria Ann Taylor- Love is a hurting thing」(Gloria Ann Taylor and Walt Whisenhunt’s Orchestra)。Caribou Essential Mixでも使われたレア盤の名曲です。

Gloria Ann Taylor- Love is a hurting thing [1973]

 

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑